鍼灸フェスタ2019の思ひ出

鍼灸フェスタ2019…大盛況でしたね!

鍼道五経会はセッションと出展ブースという形で参加させていただきました。

今回の大きなニュースと言えば、若手メンバーがセッションにて発表する機会をいただいたこと。
もうこの一点に尽きます。

ゲリラ講義のつもりが…

当初はゲリラ講義という形で発表する予定でしたが、
川合、南川の両名の発表にも多数の方々がご聴講くださって、心から感謝しております。

そして、その来場者数がすごい!!
想像以上の参加者数でした。

14:30~川合による「すぐにあなたも使える運動鍼」

満員御礼の状態


運動鍼をテーマに繆刺・巨刺の原理について発表しています。

15:30~南川による「意識の層と肉体」

難病疾患をテーマにしつつも、精神の複層構造について言及するという
ある意味、東洋医学では前例のないテーマともいえるでしょう。

結果、来場者数は「川合>南川>足立」の順…今年の序列がこれで決まりそうです(笑)

当会代表である足立のセッションの聴講者数が当会発表の中でワースト1だったことは要反省です。

鍼灸師・格付けチェックも大盛況

ブース出展「鍼灸師・格付けチェック」では阿野、森、田村、渡辺の女性チームが大活躍!

目隠し脈診の説明をする阿野先生。

当会の代表による『ハリトキト…』

ハリトヒトさんとのタイトルコラボのつもりでしたが…なんとも申し訳ない結果となりました。
それだけにご聴講いただいた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

ハリトヒトさんの編集長、さまんさ先生からはこんなコメントをいただいています。

「とても勉強になりました。
鍼灸師を気水血のタイプ別にわけてみると…というお話。
患者さんを俯瞰で診ることは普段しておりますが、なかなか自分を診ることはないなぁ。」とのこと。

このテーマは
「毫鍼を使うか?鍉鍼を使うか?刺絡を使うのか?、その根拠は?」
「単刺と置鍼との違いとはなにか?」
「鍉鍼をいかに効果的に効かせる要素とはなにか?」

そんな話も込められています。
鍼法、刺法の他にも診法に関わる思考ですので、他の機会でも大いに活用できる話ですので、
今後、事あるごとに触れる内容であろうかと思います。

そして、打ち上げはこんな感じでイイ汗かきました(笑)

尊敬する先生たちとのツーショット写真

老官山の経穴モデルをタイツに込めた猪飼先生と記念撮影。
鍼道五経会のブースに激励?に来てくださいました。
去り際にサラッと一言、とっておきの経絡ネタを置いてくださるのがダンディです。


北辰会の代表、藤本新風先生とご講演の後に記念撮影
実はお揃いの鍼灸フェスT(白)を着込んでいます(笑)
鍉鍼施術後の衛氣と営氣の関係について質問させていただき、笑顔で即解いただきました。


北辰会の竹下有先生とヘン顔にて記念撮影。
学会や勉強会で会えば、いつも気さくにお声かけくださるのが竹下先生。
竹下先生の清明院の院長ブログ「最高の鍼灸の追求」はいつも勉強させていただいております。


鍼灸Meridian烏丸の中根一先生と。
中根先生はごく自然にスマートなポーズをとるので、一緒に写真を撮るにはいつもとは違うスイッチをいれないと…。


アイム鍼灸院の横山奨先生と。
お話しするには3回目…かな?人懐っこさとリーダシップを兼ね備えている先生。
横山先生は私のことを「いつも酔っぱらっている鍼灸師」と思っているようだ。
※正解です!


最後に私の大先輩、石堂智行先生と。
チベット医学の研究者であり求道者。

当会に数々の鍼灸書をお貸しいただいている(石堂文庫)先生でもあり、
先年の西日本豪雨災害被災者緊急支援活動(AMDA)の医療調整員としても活躍された鍼灸師でもある。
今回は亜東書店のbookソムリエとして活動。
※石堂先生は各学会での亜東書店のbookソムリエとしてしばしばご活躍されている。

 

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP