第1章 原病『瘟疫論』より

温病を学ぶ

新型コロナ感染症(COVID-19)の蔓延から、温病学を学びなおす必要を感じました。温病学派といえば、葉桂(葉天士:1667~1747年)の『温熱論』や呉鞠通(呉瑭:1758~1836年)の『温病條辨』がよく知られています。ですが、まずは呉有性(呉又可:1500年代後半~1600年代中盤※生没年に諸説あり)が著した『瘟疫論』から学んでいきましょう。

瘟疫論の背景

呉有性は江蘇州(今の蘇州)の人、『瘟疫論』を著したのは1642年だとされています。
その背景として前年(1641年)には疫病が蔓延したとされています。

崇禎辛巳の年に疫氣流行、山東浙省南北両直(南北の両直隷)。感ずる者尤も多し、五六月に至りて益々甚し。
或いは闔門伝染するも始発するの際、時師、誤りて傷寒の法を以て之を治す。未だ嘗てその殆からざるを見ざる也。
或いは病家、誤りて七日で自ずと愈ゆべし、爾からざれば十四日に必ず瘳(いえる)と聴き、因りて治を失して、期に及ばず死する者有り。
『瘟疫論標註』醒醫六書瘟疫論引より

1641年に山東省、浙江省、河北省、江蘇省、安徽省とかなり広い範囲にわたって疫病が蔓延したとあります。
しかし、傷寒論処方をもってしても効果は一向に見られなかったと記されています。傷寒論処方は外邪性疾患に対する処方として信頼と実績のある法でした。しかしその結果から呉有性は新たな医学の構築を要すると判断したのでしょう。

もう少し時代背景をみてみましょう。
この時代は数十年にわたる大規模な戦乱、飢饉が起こっていました。いわゆる明清交替(明王朝から清王朝への移行)です。しかし残っている記録からは、戦争と食糧難とパンデミックが一度に繰り返して起こっています。その災害規模は現代日本人には想像を絶するものだといえます。

医学の歴史としては、戦乱をきっかけに発展した医学という点では金元医学を彷彿させるものがあります。
ますは『瘟疫論』の本文をみていきましょう。

1、原病(『瘟疫論』巻上)


(写真・文章ともに四庫醫學叢書『瘟疫論』上海古籍出版社 より引用させていただきました。)
以下に『瘟疫論』の原文を書き下しにしたものを蒼枠内に紹介します。
病疫の由、昔以為(おもえ)らく其の時に非ずしてその氣有り。
春は温に應ず而して反て大寒。
夏は熱に應ず而して反て大涼。
秋は涼に應ず而して反て大熱。
冬は寒に應ず而して反て大温。
非時の氣を得て長幼の病、相似たる。以て疫と為す。
余、論ずる。則ち然らず。
夫れ寒熱温涼はすなわち四時の常。風雨陰晴に因りて稍 損益を為す。假令、秋熱は必ず晴れ多く、春寒は雨多くに因りて、之を較して亦天地の常事、未だ必しも多疫ならざる也。
傷寒と中暑、天地の常氣に感じ、疫病は天地の厲氣に感ず。
歳運に在りて多寡有り、方隅に在りて厚薄有り。四時に在りて盛衰有り。
此の氣の来は老少強弱を論ずること無し。
これに触れる者、即ち病邪は口鼻より入るときは則ち、その客する所、内は藏府に在らず、外は経絡に在らず。
夾脊の内に舎りて、表を去ること遠からず、胃に於いて附近し、乃ち表裏の分界。これ半表半裏と為す。即ち鍼経の所謂、横連膜原、これ也。
胃は十二経の海と為す。十二経は皆、胃に於いて会す。故に胃氣は能く十二経中に敷布して、百骸を榮養す。毫髪の間、貫かざる所靡し。
凡そ邪、経に在るを表と為し、胃に在るを裏と為す。
今、邪 膜原に在る者、正に経胃交関の所に當るべし。故に半表半裏と為す。
その熱淫の氣、某の経に浮越すれば能く某の経の證を顕わす。
太陽に浮越すれば則ち頭項痛、腰痛如折が如し。
陽明に浮越するば則ち目痛、眉稜骨痛、鼻乾くが如し。
少陽に浮越するば則ち脇痛、耳聾、寒熱、嘔而して口苦するが如し。
大概これを観るに、邪、越して太陽に居ること多く、陽明にこれに次ぐ。少陽又その次也。
邪の著する所に天受あり、傳染あり。感ずる所を殊にすと雖も、その病は則ち一なり。
凡そ人の口鼻の気は天氣に通ず。本氣充満すれば、邪が入ること易からず。本氣適(たまたま)虧欠に逢えば、呼吸の間、外邪因りて之に乗ず。
昔、三人霧を冒して早行す。
空腹の者は死し、飲酒の者は病み、飽食の者は病まず。
疫邪の著く所、又何ぞ異らんや。若しその年氣(歳氣)の来たること厲(癘)なれば、強弱を論ぜず正氣が稍(やや)衰える者、之に触れれば即ち病む。則ち又これに于いて拘らず矣。
その感(邪に感ず)の深き者、中りて即ち発す。
感の浅き者、邪は正に勝たず。未だ頓発すること能わざる。
或いは餓飽、勞碌、憂思、氣怒に遇いて、正氣 傷を被り、邪氣始めて張溢を得て、榮衛運行の機、乃ちこれの為に阻す。
吾が身の陽氣因りて屈曲する故に熱を為す、その始め也。
内に於いて格陽して表に及ばず。故に先ず凛凛として悪寒し、甚しきときは則ち四肢厥逆し、陽氣漸に積む。鬱極まりて通ずるときは則ち厥す。回て中外皆な熱す。
これに至りて但熱して悪寒せざる者、その陽氣の通ずるに因る也。
この際、應(まさ)に汗有るべきに、或いは反って無汗の者、邪結の軽重に存する乎也。即ち有汗せしむ肌表の汗なり。外感、経に在る邪の若きは、一たび汗して解す。
今、邪 半表半裏に在り、有汗すと雖も徒らに眞氣を損い、邪氣深伏す。何ぞ能く解することを得ん。
必ずその伏邪已に潰えるを俟つ。
表氣、内に潜行してすなわちち大戦(戦汗)を作す。
精氣、内より膜原由りて以て表に達す。振戦止みて後に熱す。
この時、表裏相い通ず故に大汗淋漓し、衣は湿透を被り、邪は汗に従いて解す。これを戦汗と名づく。
當に即ち脉静、身涼、神清、氣爽、霍然として愈えるべき也。
然るに自汗有りて解する者、但だ表に出ることを順と為す。即ち薬せざるも亦自ら愈る也。伏邪未だ潰えず、有する所の汗止むも、衛氣暫く通ずることを得て熱し、亦た暫く減ず。
時を逾て復熱し、午後潮熱する者はこれに至りて鬱甚しく陽氣、時と消息する也。
自後、加熱して悪寒せざる者は陽氣の積也。
その悪寒すること、或いは微或いは甚しきは、その人の陽氣の盛衰に因る也。
その発熱すること、或いは短く、或いは長し、或いは晝夜純熱、或いは黎明に稍減ずるは、その感邪の軽重に因る也。
疫邪と瘧、彷彿す。
但、瘧は胃に傳せず。惟だ疫は乃ち胃に傳える。
始まりは則ち皆な先ず凛凛悪寒す。既にして発熱す。
又、傷寒発熱して悪寒を兼ねるが若きに非ざる也。
伏邪の動作(作動・発動)に至りては、方(まさ)に變證(変証)あり、その迹(あと)或いは外より解し、或いは内に陥する。
外より解する者は順、内に陥する者は逆。
更に表裏・先後の不同有り。
先表にして後裏の者有り、先裏して後表の者有り、
但表にして裏ならざる者有り、但裏にして表ならざる者あり、
表裏偏勝する者有り、表裏分傳する者有り、
表にして再表する者有り、裏にして再裏する者有り。
外より解する者は、或いは斑を発し、或いは戦汗、狂汗、自汗、盗汗す。
内に陥る者、胸膈痞悶し、心下脹満する、或いは腹中痛み、或いは燥結便秘し、或いは熱結㫄流し、或いは協熱下利、或いは嘔吐、悪心、譫語、舌黄、舌黒胎刺等の証。
証に因りて變を知り、變に因りて治を知る。
これ、その大略を言う。詳らかに脉證治法の諸條を見よ。

傷寒論と温病学の共通性と独自性

第1章の原病からは温病と傷寒の共通点と相違点が見られます。

相違点として分かりやすいのは、病邪の侵入ルートが傷寒における「表」「太陽病位」に対して温病では「口鼻」からという点でしょう。

興味深い点は、温病において「膜原」という概念を採用していることです。

膜原は文中では『鍼経(霊枢のこと)』にある横連膜原のことだとしていますが、
「膜原・募原」の言葉は『霊枢』百病始生『霊枢』歳露、そして『素問』瘧論篇にも登場しています。

膜原という概念的部位には賛否両論ありますが、文中にある「経胃交関」という表現が妙ですね。
つまり経(表)でも胃(裏)でもない、すなわち発見するのに非常に難しく、駆邪するのにもやはり困難な層に病邪は潜伏しているという病理観がみえてきます。

第1章【原病】≫第2章【瘟疫初起】

鍼道五経会 足立繁久

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP