細脈とは『瀕湖脈学』より

細脈と微脈の比較・鑑別がポイントです


※『瀕湖脈学』(『重刊本草綱目』内に収録)京都大学付属図書館より引用させていただきました
※下記の黄色枠部分が『瀕湖脈学』の書き下し文、記事末青枠内に原文を引用しています。

 陰

細脈とは微より小にして常に有り、細直にして軟、絲綫の指に応じるが若し。『脉経』

『素問』これを小と謂う。
王啓玄が言う、莠蓬の状の如くそれ柔細なり。
『脈訣』に言う、往来 極めて微なり、と。これ微脈は、反って細よりも大なり矣。経と相背する。※1

【体状詩】
細脈の来たること累累として細きこと絲の如く、指に応じること沈沈として絶期無し。
春夏、少年には俱に利せず。
秋冬、老弱には却って相い宜ろし。

【相類詩】
微脈、濡脈に見たり。

【主病詩】
細脈の縈縈たる血氣の衰え、諸虚、労損、七情乖(そむ)く。
若し湿気 腰腎を侵すに非ざれば、即ちこれ精を傷り汗泄れ来たる。

寸口の細脈は應に嘔吐頻と知るべし、
関上に(細脈)入りては腹脹 胃虚の形。
尺中に(細脈)に逢うは定めて是、丹田冷え、泄痢し、遺精す。脱陰と号す。

『脈経』に曰く、細は血少氣衰と為す。この証有るときは則ち順なり、否なるときは則ち逆なり。※2
故に吐衄の症に沈細を得る者は生く、憂労の過度なる者も脈また細なり。

※1;『脈訣刊誤』には「細脈とは陰である…来往すること極めて微 小なること微脈よりも大。常に有りて且つ細(細者陰也、指下尋之、細細如線、来往極微。〔小大於微。常有且細。〕曰細。」とある。
※2;『脈経』を探したところ、不勉強にしてこの記述は見つけられなかった…。

細脈のポイントは糸と絶期なし

細脈の特徴を表わすキーワードは二つ。「絲(糸)の如し」と「絶期無し」です。

まず「絲(糸)の如し」この言葉は分かりやすいですね。細脈の形状を表わしています。

『傷寒論』辨脈法では、細い脈を蜘蛛の糸のようなと表現していますが、李時珍はこの言葉は採用していないようです。
分かりやすい譬えなので、張仲景の言葉か否かはさておき引用しておきましょう。

脈縈縈として蜘蛛(クモ)の糸のような脈は、陽気の衰えなり、一説には陰気の衰えという。
(原文)脈縈縈、如蜘蛛絲者、陽氣衰也(一云、陰氣)

 


写真:蜘蛛の糸(2016.10.04 撮影)

蜘蛛の糸は細いがけっこう頑丈。今回の「絶期無し」という表現にも通ずるものがある。

「絶期無し」とは“脈を按じても絶える様子は見られない”ということです。『脈経』の「常に有り」はこのことを表わしています。
そしてこの言葉は細脈の本質・脈理を示します。

では細脈の脈理とは何でしょう?

細脈の主病詩には「細脈…血氣の衰え」と記されています。つまり氣血両虚証ということでしょうか。
しかし氣血俱(とも)に虚を示す脈状は他にもありましたね。

そう!微脈です。

『瀕湖脈学』では細と微は対となっております。

微脈と対比して理解しよう

対となる微脈を見直すことで細脈をより深く理解しましょう。

さて、微脈の特徴は「軽微にして潎潎たり」「按じて絶せんと欲す」「有れども無きが如し」です。
潎潎とは読みにくい漢字ですが、瞥瞥とも書かれています。瞥とは「ちらっと見る」の意味があります。“一瞥する”という言葉もありますね。

微脈を分かりやすくいうと「微(かす)かな脈」であり「診ようとすれば無くなる…でも、無いようで有るような…」と、そんな脈状です。
そして微脈が意味するのはやはり「氣血微」です。

気血両虚という言葉でまとめると細脈も微脈も同じということになってしまいます。しかし両脈には厳然とした違いがあります。
それは「絶期無し」と「按じて絶せんと欲す」です。

この違いから両脈は氣血両虚ではあるが「主に氣を消耗している(血はまだ残っている)」のか「主に血を消耗している(氣はまだ残っている)」のかが分かります。

そしてその微妙な違いを李時珍は言葉でも表わし伝えています。両脈の主病詩を見るとと以下のように書き分けられています。

微脈は「氣血微兮脉亦微」
細脈は「細脉縈縈血氣衰」

この表現からも氣血の消耗に関しての軽重・偏重が推察できると思います。

 

鍼道五経会 足立繁久

以下に原文を付記しておきます。

■原文

細 陰

細脉、小于微而常有、細直而耎、若絲綫之應指。『脉経』

『素問』謂之小。王啓玄言如莠蓬、状其柔細也。
『脉訣』言、往来極微。是微反大于細矣。與経相背。※1

【體状詩】
細来累累細如絲、應指沈沈無絶期。
春夏少年俱不利、秋冬老弱却相宜。

【相類詩】
見微、濡。

【主病詩】
細脉縈縈血氣衰、諸虚勞損七情乖。
若非濕氣侵腰腎、即是傷精汗泄来。

寸細應知嘔吐頻、入関腹脹胃虚形。
尺逢定是丹田冷、泄痢遺精号脱陰。

『脉経』曰、細為血少氣衰。有此証則順、否則逆。故吐衄得沈細者生、憂勞過度者、脉亦細。

※1;『脉訣刊誤』には「細者陰也…来往極微 小大於微。常有且細。」とある。

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP