『切脈一葦』中巻 脈状その1

『切脈一葦』(中莖暘谷 著)第7弾です。上巻が終わり中巻に入ります。
中巻は脈状がテーマです。

中莖氏が説く脈状論は特殊というか、賛否両論あると思いますが、私は是ととっております。
中莖氏の脈状論について以下に紹介します。

『切脈一葦』これまでの内容

1、序文
2、総目
3、脈位
4、反関
5、平脈
6、胃氣


『切脈一葦』京都大学付属図書館より引用させていただきました
下記の青枠部分が『切脈一葦』原文の書き下し文になります。

脈状

『切脉一葦』巻之中
常陽   中莖謙  著

浮 芤 蝦遊

浮は浮かみたる脈を云う。病、表に在るの候なり。浮にして力ある者は表実なり。浮にして力なき者は表虚なり。
浮大は太陽の脈なり。浮濇は太陰の脈なり。浮滑にして数なる者は太陽陽明併病の脈なり。
病久しくして脈反て浮なる者は虚陽浮散の候なり。雑病の浮脈は表証に限らず。全証を参考して表裏を決断すべし。

芤は力なきの形容にして芤と云う一種の脈状あるに非ず。軟弱と同類なり。
軟弱は浮沈俱に力なき者に用い、芤は浮にして力なき者に用いるなり。
芤は草の名にして、その葉、葱に似たり。因りて力なきの形容字に用いたる者なり。
又、浮而芤と云う。浮而緊、これを按じて反て芤(※1)という類は、唯 力なきの辞に用いたる者なり。
又、浮弱、浮遅、浮濇の類は、みな芤と同意にして亡陽の候なり。
浮大にして軟、これを按じて両條(※2)を成りて中間の空なる者を芤脈と為る説あり。
浮沈俱に力有りて、中取して力なき者を芤脈と為る説あり。これは芤の形を論じて脈の状を論ずる者に非ざるなり。
浮にして力なき脈を芤と形容してその状分明なり。然るを後の人、脈状を如何と顧みず、唯 芤の字に泥(なず)みて説を作る。思わざるの甚なり。

蝦遊は蛙の水面に出没するが如く、見(あらわ)れたり、伏したりする脈を云う。これ即ち芤の極みにして七死の脈の一なり。

※1、浮而緊、これを按じて反て芤「浮而緊、按之反芤」
※2、両條:脈中が空虚ゆえに血管壁が両端に触れ両條という表現を使うのであろう。

浮脈と芤脈を同系統に分類するというセンスは注目に値します。

一般的には、浮脈は太陽病などの表証、芤脈は血虚などの虚証を意味すると教えられます。
診断結果からみると、太陽病と血虚はどう考えても同系統に分類することはできません。

しかし、脈の状からみると同系にカテゴライズすることは可能なのです。
浮脈は脈の表面に浮かびあがる脈です。脈勢が表(浮位)にシフトすると相対的に裏(沈位)の脈勢は弱くなります。
『傷寒論』太陽病上編「太陽中風、陽浮而陰弱、…」という脈状もこの状態を指している面があるのです。

人体は生き物であり、氣血の動きは極めて流動的なものですかr、表にシフトするということはどこかにムラ(隙間)が生じるのです。
大きく表裏の対比でみると、表に気がシフトすることで、裏にムラができる(手薄になる)ということなのです。

この「浮位強、沈位弱」という同系ベクトル上の先にある脈が芤脈なのです。
「芤は浮にして力なき者」ということです。

さらに浮脈・芤脈の同系脈状に蝦遊脈を配していますが、同じように考えるとよいでしょう。

切脈一葦、滑脈洪脈の写真
画像は『切脈一葦』(京都大学附属図書館所蔵)部分より引用させていただきました

滑 洪

洪(大と同じ)
滑は粒粒分明にして、濇ならざる脈を云う。実脈の体なり。
浮滑は表熱なり。沈滑は裏熱なり。虚損の証に滑脈を見わす者は陰虚火動なり。
虚利の証に滑脈を見わす者は脾胃の傷れなり。

洪は大にして実なる脈を云う。
一に大と云う。実脈の形容なり。
洪と云う一種の脈状あるに非ず。滑と同類なり。
唯 その時の文勢を以て洪と云い、大と云い、滑と云うのみ。その実は一なり。
春潮の初めて至るが如き者を洪と為る説あり、洪水の波の如く大にして皷動する者を洪と為る説あり。
これみな洪の字を論ずるのみ。一笑に堪えたり。

洪と滑を同系脈状として分類してあります。
私も洪と滑ともに同じベクトルを持つ脈状として判断しております。

数 促 雀啄

数、急疾動躁駃同じ
数は医者の一息に病人の脈六動以上を云う。実脈の数なり。
八九以上は死に近きの候にして、呼吸も胸膈を越えること能わず。
唯 呼(呼気)ばかりにて吸(吸気)なき者なり。
これ精氣が下に尽きて、孤陽が上に亢ぶるの候なり。

数にして力ある者は実熱なり。数にして力なき者は虚熱なり。
浮数は表熱なり。沈数は裏熱なり。暴数は外邪なり。久数は虚損なり。細数は極虚なり。

病退きて数存する者は未だ全快に非ず。数退いて証危うき者は精氣脱するの候なり。
雑病に数脈を見わす者は急に治し難く、病久しくして数脈を見わす者は尤(もっと)も恐るべし。
卒病にして数脈を見わす者は急変を生ずることあり。
無病の人に数脈を見わす者は勞瘵の催しなり。

小児の脈は六動を常とす。大人と同じからず。
然れども、数激しき者は驚を発することあり。

数脈は内熱の候と雖も虚寒に属する者あり。一概に熱と為すべからず。
熱毒深き者は脈反て数ならず。唯 洪滑にして力ある者多く、虚寒激しき者にして脈反て急数なる者あり。
全証を参考して寒熱の決断をすべし。

動は数急なる脈の形容なり。静の反対にして数脈と同じ。動数、遅に変じるの動は、動数二字にて数脈の激しき勢いを云うなり。

関上に見れて頭尾なく、豆の大きさの如き者を動とする説(※1)あり。これは動の字より出たる説にして空論なり。
急、疾、動、躁、駃の類はみな数と同意なり。
唯 数は数を主とし、急、疾、動、躁、駃は勢いを主と為るのみ。文章の語路に因りて疾の字を用いても、急の字を用いても同じことなり。
もし分配家の如く、字義を穿鑿して六種に分けてその脈状を細かに論ずるときは、必ず空論と為るべし。

促は急促の促にして、数急の中に結促する脈を云うなり。
多くは汗下の後に見われる脈にして、陽証に虚を帯びるの候なり。
仲景氏の謂う所、脈促手足厥冷と云い、脈促胸満と云い、脈促なる者は表未だ解せざると云うの類、これなり。
又、病毒に痞塞せられて結促する者あり。全証を参考すべし。

数脈、魚際に上る者を以て促と為る説あり。これは促の字義より出たる説にして空論なり。
熱は固(もと)より進む勢あるを以て証を上部に見わし、脈もまた進みて洪数を見わすこと、必然の理なり。
もし促を数の極みにして寸口に促し、魚際に上ると為すときは、滑数洪数の如き、大熱の脈もみな寸口に促し、魚際に上るべし。
何ぞ促脈のみに限らんや。その説の通ぜざること見るべし。

雀啄は雀の食を啄む状の如く、数脈の中に結促する間の長き脈を云う。これ即ち促脈の極みにして七死の脈の一なり。
※駃:ケツ…馬の足が速い
※暴数…久数に対して急に数を呈する脈を指して言うのであろう。

※1、関上に見れて頭尾なく、豆の大きさの如き者を動とする説、「陰陽相搏、名曰動。陽動則汗出、陰動則発熱。形冷、悪寒者、此三焦傷也。若数脈見於関上、上下無頭尾、如豆大、厥厥與陽脈同等者、名曰動也。」(傷寒雑病論 辨脉法)

このカテゴリーには数脈、促脈、雀啄脈(七死脈のひとつ)が分類されています。

「脈診の三要素」に書いたことがありますが、脈診にはいくつかの要素に分けることができます。
脈位、脈力、脈状ですが、三要素の中に脈形、脈数、脈勢などの細かい要素が含まれると考えています。

さて数脈は脈数に含まれますが、脈数は奥が深いですね。

生命力・気力をよく表わすものは三要素(脈位、脈力、脈状)の中では脈力でしょう。
しかし、脈数(数遅これに結代を含む)はそれ以上に生命力を示す脈要素かもしれません。

死生吉凶を数脈の有無でもみますし、いわゆる七死脈においても脈数が関与する脈は3種(雀啄脈、屋漏脈、蝦遊脈)あり、以下に脈数と息数の調和が要なのかを知ることができます。
脈数と息数の重要性については以下のページをご覧ください

経脈を流れる氣の速さと呼吸
死脈を考える1 脈と呼吸【難経一難を中心に】
死脈を考える3 脈と呼吸【難経十四難から】
脈五十至から27108を考える

死脈、すなわち死生吉凶を候う脈について調べるほどに、脈数と息数の関係が重要であることが分かります。

しかし死が近づく危急の時だけに脈数の変動が起こるのではありません。
ここで挙げられているように、小児・子どもの脈は基本的に数脈です。
なぜか?生命力が満ちていて、常にその活動が発動されているからです。

生命力が正しく健全に発動しているときは子どもではなくなった大人にも起こります。
運動時や発熱時ですね。

またお産に臨むときにも数脈は現れます。
これを離経の脈といいます。経とは“つね”。平常とは異なる脈が突然にあらわれます。
体内での異常事態が起こりつつあることを脈が示しているのです。
いつも軟脈、緩脈、滑脈、大脈が中心だったのが、突然に弦脈を主体とした脈状が現れたりします。
このような緊張性の高い脈に加えて数脈が加わった時、お産がもう一段階近づいたと判断する目安になります。

弦は緊張や痛み、数は生命力の発動だと一面では判断することができると考えています。

『切脈一葦』中巻 脈状について、長くなりそうなのでこの辺りでいったん休憩します。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP