霊枢 本輸第二の書き下し文

これまでの経緯

前回は『霊枢』九鍼十二原第一の書き下し文を一部紹介した。
その目的は「衛気と営気を理解する」こと、そして「衛気と営気を理解した上で診法と鍼法を理解する」ことである。
当会が主張する「診法と鍼法の一致」、衛気タイプの鍼灸師、営気タイプの鍼灸師の論拠とする論篇を挙げていくシリーズ第2弾である。

また今回も、気に関する部位のみ、個人的判断で引用しているため、全文章ではない点であることをご容赦いただきたい。

『霊枢講義』京都大学付属図書館より引用させていただきました。
※以下に書き下し文、次いで原文を紹介。
※現代文に訳さないのは経文の本意を損なう可能性があるためです。口語訳は各自の世界観でお願いします。

『霊枢』本輸第二 法地

黄帝、岐伯に問うて曰く、凡そ刺の道、必ず十二経絡の終始する所に通ず。
絡脈の別つ所の處、五輸の留る所、六府と合する所、四時の出入する所、五藏の溜處する所、闊数の度、浅深の状、高下の至る所、願くばその解を聞かん。岐伯曰く、請うその次を言わん。
肺は少商に於いて出る者、手の大指端の内側也、井木と為す。
魚際に於いて溜する、手の魚也、榮と為す。
太淵に於いて注ぐ、太淵は魚後一寸、陥する者の中也、腧と為す。
経渠に於いて行く、経渠は寸口の中也、動じて居らず、経と為す。
尺澤に於いて入る、尺澤は肘中の動脈也、合と為す。
手太陰経也。
・・・(中略)・・・
これ五藏六府の腧と謂う、五五二十五腧、六六三十六腧也。
六府皆足の三陽に出て、上りて手に合する者也。
缺盆の中、任脈也。名を天突と曰う。
一次を任脈の動脈、足陽明也、名を人迎と曰う。
二次の脈、手陽明也、名を扶突と曰う。
三次の脈、手太陽也、名を天窓と曰う。
四次の脈、足少陽也、名を天容と曰う。
五次の脈、手少陽也、名を天牅と曰う。
六次の脈、足太陽也、名を天柱と曰う。
七次の脈、頸中央の脈、督脈也、名を風府と曰う。
・・・・・(中略)・・・・・
肺は大腸に合す、大腸なる者、傳道の府。
心は小腸に合す、小腸なる者、受盛の府。
肝は膽に合す、膽なる者、中精の府。(甲乙経では清浄之府)
脾は胃に合す、胃なる者、五穀の府。
腎は膀胱に合す、膀胱なる者、津液の府也。
少陽は腎に属す、腎は肺に上連する、故に両藏を将する。
三焦は、中瀆の府也。水道出づる、膀胱に属す、これ孤之府也。
これ六府の與(とも)に合する所の者。春は絡脈、諸栄、大経分肉之間に取る。甚しき者はこれを深く取る。間なる者はこれを浅く取る。
夏は諸腧、孫絡肌肉皮膚之上に取る。
秋は諸合を取る。餘は春法の如し。
冬は諸井、諸腧之分に取る。深くしてこれを留めるを欲す。
これ四時の序、氣の處する所、病の舎る所、藏の宜しき所。

轉筋する者、立ちてこれを取り、遂に已しむるべし。
痿厥の者、張りてこれを刺して、立ろに快せしむべき也。

今回は第二篇本輸を挙げたが、衛気営気に関して直接的な記載はまだ少ない。

冒頭に黄帝さまが述べる質問文がいきなり深い。
「凡そ刺の道、必ず十二経絡の終始する所に通ず。…」

十二経絡が終わり始まる所って、どこ?

肺経は中焦より起こるが、肝経は肺に注ぐ。
ここから分かるように、経脈は「如環無端」とよく言われるが、単純な環状構造ではないのだ。

では経絡が終わり始まる場所とは?

黄帝さまの言葉を引き続き読んでみよう。
「絡脈の別つ所」「五輸の留る所」「六府と合する所」「四時の出入する所」「五藏の溜處する所」と具体的な要所を挙げてくれている。

「絡脈の別つ所」は経と絡との分岐点である。
すなわち経の終わり絡の始まり、もしくは経の始まり絡の終わりである。

「五輸の留る所」これは五輸とは井栄輸経合とみて良いだろう。
留まるとは終わり。しかし井栄輸経合の各穴は、陽気が“出”、“溜”、“注”、“行”、“入”する所である。
一旦は留まり立ち寄るも、また流れ始めるスポットとみることもできるだろう。終わりにして始まりである。

「四時の出入する所」これも前篇(九鍼十二原)にあったように、経脈上には神気の出入する部位がある。
神気の遊行出入は、自然の気と交流しているさまを表現している。
出て入る…は当然、終わり始まるとも言い換えることが可能である。
このような場所が人体には365ヶ所あるのだが、これを経穴と言い換えて何ら問題はない。

「六府と合する所」「五藏の溜處する所」も推して知るべしである。

つまり、鍼刺の道はこのような人体観に基づいて鍼治を行う必要があるのだ。

ただし、これはまだ表面上のはなし。

「闊数の度、浅深の状、高下の至る所」といった要素を加味して、常と変(平と病)を弁えること、
「四時(春夏秋冬)」の天気と人気の関わりを考慮にいれた鍼を行うことを示唆している。

ただ経脈の流注や経穴部位を覚えたら鍼治療できるのかというととんでもない!

人を理解し、人体内の動きや波を理解し、外界と人体の関わりを理解することで、やっと平と病がわかる。
というまだまだまだまだ概論的な話なのである。

この深さで概論レベルとは、九鍼十二原・本輸ともにいかに深奥ともいえる医学を伝えんとしていることが分かると思う。

原文『霊枢』本輸第二 法地

黄帝問於岐伯曰、凡刺之道、必通十二経絡之所終始。絡脈之所別處、五輸之所留、六府之所與合、四時之所出入、五藏之所溜處、闊数之度、浅深之状、高下所至。願聞其解。
岐伯曰、請言其次也。肺出於少商者、手大指端内側也、為井木。
溜於魚際者、手魚也、為榮。
注於太淵、太淵魚後一寸、陥者中也、為腧。
行于経渠、経渠寸口中也、動而不居、為経。
入於尺澤、尺澤肘中之動脈也、為合。手太陰経也。
・・・・・(中略)・・・・・

是謂五藏六府之腧、五五二十五腧、六六三十六腧也。
六府皆出足之三陽、上合於手者也。
缺盆之中、任脈也。名曰天突。
一次任脈之動脈、足陽明也、名曰人迎。
二次脈、手陽明也、名曰扶突。
三次脈、手太陽也、名曰天窓。
四次脈、足少陽也、名曰天容。
五次脈、手少陽也、名曰天牅。
六次脈、足太陽也、名曰天柱。
七次脈、頸中央之脈、督脈也、名曰風府。
・・・・・(中略)・・・・・

肺合大腸、大腸者、傳道之府。
心合小腸、小腸者、受盛之府。
肝合膽、膽者、中精之府。(甲乙経では清浄之府)
脾合胃、胃者、五穀之府。
腎合膀胱、膀胱者、津液之府也。
少陽属腎、腎上連肺、故将両藏。
三焦者、中瀆之府也。水道出焉、属膀胱、是孤之府也。
是六府之所與合者。

春取絡脈、諸榮大経分肉之間、甚者深取之。間者浅取之。
夏取諸腧、孫絡肌肉皮膚之上。
秋取諸合、餘如春法。
冬取諸井諸腧之分、欲深而留之。
此四時之序氣之所處、病之所舎、藏之所宜。
轉筋者、立而取之、可令遂已。痿厥者、張而刺之、可令立快也。

鍼道五経会 足立繁久

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP