霊枢 九鍼十二原第一の書き下し文

はじめに

鍼道五経会のひとつの特色として「鍼法と診法の一致」を推していこうと考えている。
ちょうど『医道の日本』6月号にはそのような趣旨の投稿をさせていただいた。
 

「診鍼一致」を分かりやすく伝えるために、鍼灸師を衛気タイプ、営気タイプ、血タイプなどと分類したが、決してオモシロおかしく書いたのではない。
その根拠には『素問』『霊枢』がある。
衛気・営気を理解する元となった論篇をしばらくシリーズで紹介しようと思う。

気に関する部位のみ、個人的な判断で引用しているため、全論全篇の文章ではない点もあるがご容赦いただきたい。

※『霊枢講義』京都大学付属図書館より引用させていただきました。
※以下に書き下し文、次いで原文を紹介。
※現代文に訳さないのは経文の本意を損なう可能性があるためです。口語訳は各自の世界観でお願いします。

『霊枢』九鍼十二原第一 法天

黄帝、岐伯に問うて曰く、余、萬民を子とし、百姓を養いて、其祖税を収む

・・・(略)・・・

微鍼を以ってその経脈を通じ、その血氣を調え、その逆順出入の會(会)を営して、後世に伝えうべからしめんことを欲す。

・・・(略)・・・

岐伯答て曰く、臣請う 推してこれを次にし、綱紀有らしめ、一に於いて始まり、九に於いて終らん。
請うその道を其わん。

小鍼の要とは、陳べ易く入り難し。
粗(粗工)は形を守り、上(上工)は神を守る。
神乎神、客 門に在りて、未だその疾を観ず、悪(いずくん)ぞその原を知らん。
刺の微、速遅に在り。
粗は関を守り、上は機を守る。
機の動、その空中を離れず。空中の機とは、清浄にして微

その来るに逢うべからず、その往を追うべからず。
機の道を知る者、髪を以って掛かるべからず、機の道を知らざるは、これを叩くも発せず。
その往来を知りて、要、これと期す。粗の闇なる乎、妙なる哉!
工独りこれ有り。
往く者を逆と為し、来たる者を順と為す。
明に逆順を知りて、正行して問うこと無し。
迎いてこれを奪う、悪んぞ虚無きを得ん。
追いてこれを濟う、悪んぞ實無きを得ん。
これを迎え、これに随い、意を以てこれを和す、鍼道畢ぬ。凡そ鍼を用いる者、
虚すれば則ちこれを實し、満すれば則ちこれを泄す、
宛陳すれば則ちこれを除き、邪勝てば則ちこれを虚にす。大要に曰く、
徐にして疾きときは則ち實す、疾くして徐なるときは則ち虚す。
言う、實と虚は、有るが若く無きが若く。
後と先を察して、亡きが若く存するが若く、
虚と為し實と為し、得るが若く失うが若し。
虚實の要は、九鍼の最妙なり。
補寫の時、鍼を以てこれを為す。寫は曰く、必ず持ちてこれを内(い)れ、放ちてこれを出す。
陽を排して鍼を得、邪氣は泄することを得る。
按じて鍼を引く、是を内温と謂う、血散ずることを得ず、氣出づるを得ざる也。
補は曰く、これに隨う、これに隨うの意、これを妄する若し、行くが若く、按ずる若く、
蚊虻の止まるが如く、留るが如く還るが如く、去ること弦絶するが如し。
左をして右に属せしむ。その氣故に止まる、外門已に閉じ、中氣乃ち實す。
必ず留血させること無く、急に取りてこれを誅せよ。鍼を持つの道、堅きことを宝と為す。
指を正し直に刺し、左右に鍼無し。
神は秋毫に在り、意を病者に属し、審かに血脈を視る者、これを刺して殆きこと無し。
方(まさ)に刺の時、必ず懸陽及び両衛とに在り。(衛の字は、『甲乙』では衡、校正では衝に作す)
神は属して去る勿れ、病の存亡を知り
血脈は、腧に在りて横居す、これを視て独り澄み、これを切して独り堅し。

・・・(九鍼については「九鍼」にて詳述)・・・

夫れ氣の脈に在る也、邪氣上に在り、濁氣は中に在り、清氣は下に在る。
故に陥脈に鍼すれば則ち邪氣出づ、中脈に鍼すれば則ち濁氣出づ、大い深く鍼すれば則ち邪氣反って沈み、病益す。
故に曰く、皮肉筋脈に各々處する所有り、病に各々宜しき所有り、各々形同じからず。
各々以ってその宜しき所に任ず。
實無く虚無く、不足損して有餘を益すれば、これ甚病と謂う、病益々甚し。
五脈を取る者は死し、三脈取る者は恇れる。
奪陰する者は死し、奪陽する者は狂する。
鍼道畢ぬ。これを刺して氣至らざれば、その数を問うこと無し。
これを刺して氣至れば、乃ちこれを去りて復た鍼する勿れ。
鍼に各々宜しき所有り、各々形同じからず、各々その為す所に任ず。
刺の要、氣至りて効有り。
効の信、風の雲を吹くが若し。
明なるかな蒼天を見るが若し。
刺の道畢んぬ。黄帝曰く、願くば聞かん、五藏六府の出る所の處を。
岐伯曰く、五藏五腧、五五二十五腧、六府六腧、六六三十六腧。
経脈十二、絡脈十五、凡て二十七氣、以って上下す。出る所を井と為し、溜る所を榮と為し、注ぐ所を兪と為し、行く所を経と為し、入る所を合と為す。
二十七氣の行く所、皆五輸に在る也。
筋の交、三百六十五会。その要を知る者は、一言にして終る。
その要を知らざるは、流散して窮まること無し。
節と言う所は、神氣の遊行し出入する所也。皮肉筋骨に非ざる也。
その色を観て、その目を察し、その散復を知り、その形を一にし、その動静を聴き、その邪正を知る。
右はこれを推すことを主り、左は持ちてこれを禦する、氣至りてこれを去る。
凡そ将に鍼を用いんとするは、必ず先ず脈を診て、氣の劇易を視て、乃ち以って治すべき也。

五藏の氣、已に内に於いて絶するに、鍼を用いる者、反ってその外を實すれば、これを重竭と謂う。
重竭すれば必ず死す。その死するは静なり。
これを治する者、輒ちその氣に反して、腋と膺を取る。
五藏の氣、已に外に於いて絶するに、鍼を用いる者、反ってその内を實すれば、これを厥逆と謂う。
厥すれば則ち必ず死ず。その死するは躁なり。
これを治する者、反って四末を取る。
・・・・・(中略)・・・・・

初めて霊枢の九鍼十二原を読んだときの感想は『なんのことやらチンプンカンプン…』であった。
一旦『黄帝内経』から離れて『傷寒雑病論』に入り、そこから『難経』を経由して、『素問』『霊枢』に戻る…、
そんな回り道というか王道ではない学び方をしているなという自覚はある。しかし自分にとってはそれで良かったのかもしれない。

さて今回の『霊枢』の読み方はあくまでも「衛気と営気を理解する」こと、そして「衛気と営気を理解した上で診法と鍼法を理解する」ことにある。
その都合上、失礼ながら途中文は随所に省略している。

本篇ではまだ衛気と営気に関する直接的な記述はみられないが、随所に有名なフレーズがある。

上工と粗工、形と神、関と機

「粗工は形を守り、上工は神を守る。」「粗工は関を守り、上工は機を守る」
粗工とはレベルの低い術者、上工はハイレベルな術者として使われるが、
単にランク分けではなく、成長過程として読んでみるのも良いだろう。
形を守る段階から始まり、神(気・血・精・神)を守る段階へと至るのだ。

また上工が守る機についてであるが、
「機の動とは空中を離れず」、「空中の機とは清浄にして微」とあり、
機の動とは“空中”と見えない無形の要素に関わるものである。
また空中の機とは清浄にして微とあり、澄んだ透明のようであり、微妙なものである。

要は上工の鍼とは“目に見えないもの”による鍼なのだ。
すなわち氣の微妙によって、鍼治することが上工の条件だと記されている。

邪気と濁気と清気

「夫れ氣の脈に在る也、邪氣上に在り、濁氣は中に在り、清氣は下に在る。」の言葉から、
脈(経脈)は層構造であることが分かる。

邪(外襲の邪)は表層、濁(内生の邪)は中層、清(正気)は深層にある、と解釈できる。
外邪は外より来るので表層にあり、濁は脾胃・中焦より生じるので中層にあり、正気は裏より表に達する…。
このように考えるとこの層構造はイメージしやすい。

なにより経脈が復層構造であることを理解することで、鍼治療がより複雑なものとなる。
鍼を刺せば終わりという簡単なものではない。
経穴という座標に深さ・層という要素を加えて3次元となる。
実際には、3次元のポイントに鍼を至らせてから、
さらに鍼尖(もしくは鍼体)を起点としたベクトルを意識するので、より多次元の鍼治を考慮する必要がある。

鍼の本数

「これを刺して氣至らざれば、その数を問うこと無し」とあるように、
鍼の本数を決定するのは、気至か気不至かである。

気が動かなければ、鍼の数を問わずさらに鍼せよ、とある。
「数を問わず鍼を刺す=オーバー・ドーゼ」とみてしまいがちである。
しかし、そもそもドーゼとは「薬などの投与量」の意である。
そして気至るとは、体の反応・リスポンスである。
気不至=反応がなければ、それはドーゼが足りていないのである。

では何をもって適正な刺激量なのか?
それは鍼の本数ではなく、気の至り(気至)である。
ちなみに得気(酸・重・鈍・麻)と気至は別物である。

気至か気不至かをどう見分けるのか?
如実にその反応が現れるのが、脈である。
脈は気と血が流れる部位である故に、鍼刺の前後で脈を診ることが肝要となるのである。

気至か気不至かを確認するには、やはり脈を診ることが確かなのである。

神や機を守る上工としては、脈を診ることは重要である。
後代の「脈に神有るを貴ぶ」という言葉にもつながってくると言えるだろう。

この脈と気の密接な関係については、以降の論篇にて詳解しようと思う。

節とは神気の遊行出入する所

節とは、神氣の遊行し出入する所也。皮肉筋骨に非ざる也。

これは節のみならず、経穴という言葉に置き換えてもよいだろう。
経穴を通じて、神気が出入しているのだ。

そして「筋の交、三百六十五会」とあり、このようなポイントが365ヶ所ある。
この数字から、天人相応の思想が見えてくる。

つまり経穴は単なる治療ポイントではないのだ。
この文から古代中国における人体観、自然観がうかがい知ることができよう。

下には『霊枢』九鍼十二原の原文(該当箇所)を引用している。

原文『霊枢』九鍼十二原第一 法天

黄帝問於岐伯曰、余子萬民、養百姓、而収其祖税・・・・・(中略)・・・・・
欲以微鍼通其経脈、調其血氣、營其逆順出入之會。令可傳於後世・・・

岐伯答曰、臣請推而次之、令有綱紀、始於一、終於九焉。請言其道。
小鍼之要、易陳而難入。
粗守形。上守神。
神乎神、客在門。
未観其疾、悪知其原?
刺之微、在速遅。粗守関、上守機。
機之動、不離其空中。空中之機、清浄而微。
其来不可逢、其往不可追。知機之道者、不可掛以髪、不知機道、叩之不発。
知其往来、要與之期。
粗之闇乎、妙哉!工獨有之。
往者為逆、来者為順。明知逆順、正行無問。迎而奪之、悪得無虚。追而濟之、悪得無實。
迎之随之、以意和之、鍼道畢矣。

凡用鍼者、虚則實之、満則泄之、宛陳則除之、邪勝則虚之。
大要曰、徐而疾則實、疾而徐則虚。
言實與虚、若有若無。

察後與先、若亡若存、為虚為實、若得若失。
虚實之要、九鍼最妙。補寫之時、以鍼為之。
寫曰、必持内之、放而出之、排陽得鍼、邪氣得泄。
按而引鍼、是謂内温、血不得散、氣不得出也。
補曰隨之、隨之意、若妄之、若行若按、如蚊虻止、如留如還、去如弦絶。
令左属右、其氣故止、外門已閉、中氣乃實。
必無留血、急取誅之。
持鍼之道、堅者為寶、正指直刺、無鍼左右。
神在秋毫、属意病者、審視血脈者、刺之無殆。
方刺之時、必在懸陽及與両衛。(衛の字は、『甲乙』では衡、校正では衝に作す)
神属勿去、知病存亡。
血脈者、在腧横居、視之獨澄、切之獨堅。

・・・(九鍼については「九鍼」にて詳述)・・・

夫氣之在脈也、邪氣在上、濁氣在中、清氣在下。
故鍼陥脉則邪氣出、鍼中脉則濁氣出、鍼大深則邪氣反沈、病益。
故曰、皮肉筋脉各有所處、病各有所宜、各不同形、各以任其所宜。
無實無虚、損不足而益有餘、是謂甚病、病益甚。
取五脉者死、取三脉者恇。
奪陰者死、奪陽者狂。
鍼道畢矣。

刺之而氣不至、無問其数。刺之而氣至、乃去之勿復鍼。
鍼各有所宜、各不同形、各任其所為。
刺之要、氣至而有効。
効之信、若風之吹雲、明乎若見蒼天。刺之道畢矣。

黄帝曰、願聞五藏六府所出之處。
岐伯曰、五藏五腧、五五二十五腧、六府六腧、六六三十六腧。
経脈十二、絡脈十五、凡二十七氣以上下。

所出為井、所溜為榮、所注為兪、所行為経、所入為合。
二十七氣所行、皆在五輸也。筋之交三百六十五會。知其要者、一言而終、不知其要、流散無窮。
所言節者、神氣之所遊行出入也。非皮肉筋骨也。

観其色、察其目、知其散復、一其形、聴其動静、知其邪正。右主推之、左持而禦之、氣至而去之。
凡将用鍼、必先診脈、視氣之劇易、乃可以治也。
五藏之氣、已絶於内、而用鍼者、反實其外、是謂重竭。重竭必死、其死也静。治之者、輒反其氣、取腋與膺。
五藏之氣、已絶於外、而用鍼者、反實其内、是謂厥逆。厥則必死、其死也躁。治之者、反取四末。
・・・・・(中略)・・・・・

鍼道五経会 足立繁久

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP