素問 瘧論篇の書き下し文

黄帝内経素問 瘧論篇第三十五

瘧病について記されています。
瘧とは寒熱が交互に起こる病態で、その病型から時に瘧病はマラリアだと訳されていることもありますが、瘧病の病理を見る限りマラリア説には賛成できませんね。マラリア説の是非は置いておくとして…それよりも重要なことがこの瘧論には説かれています。

「熱病の一病理」や「衛気の特徴的な動き」「治療の鍵をつかむコツ」「運動の大事さ」…などなど、臨床鍼灸師にとって非常に重要な内容が瘧論篇には記されています。

また個人的には本論「瘧論篇」と、霊枢「百病始生」「歳露」から『温病学』へと展開する医学の潮流を連想します。非常に臨床的に濃い内容の論篇です。

※以下に書き下し文、次いで原文を紹介します。ちなみに口語訳にしないのは経文の本意を損なう可能性があるからです。口語訳は各自の世界観で行いましょう。

書き下し文・瘧論篇

黄帝問て曰く、夫れ痎瘧はみな風より生ず。その蓄作に時ある者は何ぞ也?
岐伯対えて曰く、瘧の始発するや、先ず毫毛に起こり、伸欠(欠伸)乃ち作し、寒慄し鼓頷し、腰脊俱に痛む。寒去れば則ち内外みな熱し、頭痛は破るが如し、渇して冷飲を欲する。

帝曰く、何の氣が然らしむるのか、願くばその道を聞かん。
岐伯曰く、陰陽上下交争して、虚実更々作りて、陰陽相い移る也。
陽、陰に并するときは則ち陰実して陽虚す。
陽明虚するときは則ち寒慄し鼓頷する也。
巨陽虚するときは則ち腰背頭項痛む。
三陽俱に虚するときは則ち陰氣勝つ。陰氣勝つときは則ち骨寒して痛む。
寒内に生ずる故に中外みな寒す。
陽盛んなれば則ち外熱す、陰虚すれば則ち内熱し、外内みな熱するときは則ち喘して渇する。故に冷飲することを欲する也。
これみな夏に暑に傷れて、熱氣盛んにして、皮膚の内、腸胃の外に藏(かく)れるにこれを得たり。
これ栄氣の舎(やど)る所なり。
これ人をして汗空疎し、腠理開せしめて、
因りて秋氣を得て、汗出して風に遇い、及びこれを得て以って浴して、水氣皮膚の内に舎り、衛氣と并び居る。
衛氣は、昼日は陽に行き、夜は陰に行く。
この氣、陽を得て外に出、陰を得て内に薄る、内外相薄し、是を以って日に作す。

帝曰く、その日を間(へだて)て作する者は何ぞ也?
岐伯曰く、その氣の舎ること深し。
内、陰に薄り、陽氣独り発して、陰邪内に著き、陰と陽が争いて出ることを得ず。
これ以って日を間てて作する也。

帝曰く、善し。
その作すること日に晏(おそき)と、その日に早き者は、何の氣が然らしむるのか?
岐伯曰く、邪氣が風府に客し、膂を循りて下る。
衛氣は一日一夜、風府に於いて大会する。
その明日より日に下ること一節。故にその作すること晏し。
これ先に脊背に客する也、風府に至る毎に則ち腠理開く。
腠理開けば則ち邪氣入る。
邪氣入れば則ち病作する。
これを以って日に作すること稍益晏き也。
その風府に出て日に下ること一節、
二十五日に下りて骶骨に至る。
二十六日に脊内に入り、伏膂の脈に注ぐ。
その氣上行すること九日にして缺盆の中に出る。
その氣、日に高し、故に作すること日に益々早き也。
その日を間(へだ)てて発する者、邪氣内は五臓に薄りて、募原(膜原の説あり)に横連するに由りて也。
その道遠く、その氣深し、その行りは遅く、衛氣と俱に行くこと能わず。
皆出ることを得ず、故に日を間てて乃(すなわ)ち作する也。

帝曰く、夫子の言う、衛氣 風府に至る毎に腠理乃ち発する。
発するときは則ち邪氣入る、入れば則ち病作する。
今、衛氣日に下ること一節、その氣の発するや、風府に当らず、その日に作する者はいかに?
岐伯曰く、この邪氣の頭項に客し、膂を循りて下る者なり。
故に虚実同じからず。邪の中たる所を異にすれば則ちその風府に当ることを得ざる也。
故に邪が頭項に中(あた)る者は、氣 頭項に至りて病む。
背に中る者は、氣 背に至りて病む。
腰脊に中る者は、氣 腰脊に至りて病む。
手足に中る者は、氣 手足に至りて病む。
衛氣の在る所と邪氣相い合すれば則ち病作する、故に風、常の府に無し。
衛氣の発する所、必ずその腠理開く。邪氣の合する所は則ちそれ府也。

帝曰く、善し。
それ風と瘧とは、相似て同じ類にして、風独り常に在あり、瘧は時有りて休むことを得るとは、何ぞ也?
岐伯曰く、風氣はその處に留める、故に常に在り。
瘧氣は経絡に随い、沈みて以って内に薄する。故に衛氣応じて乃ち作する。

帝曰く、瘧先ず寒して後に熱する者、何ぞ也?
岐伯曰く、夏に大暑に傷れて、その汗大いに出て、腠理開発す。
因りて夏氣に淒滄の水寒に遇いて、腠理皮膚の中に藏れる。
秋に風に傷れるときは則ち病成る。
(※淒:セイ、さむい、すずしい)
それ寒とは陰氣なり、風とは陽氣なり。
先に寒に傷れて後に風に傷れる。
故に先寒して後熱なり。
病、時を以って作する、名を寒瘧と曰(い)う。

帝曰く、先熱して後寒する者は何ぞ也?
岐伯曰く、これ先に風に傷れて後に寒に傷れる。
故に先熱して後寒する也。
また時を以って作する。名を温瘧と曰う。
それ但熱して寒せざる者は、陰氣先に絶し、陽氣独り発するときは則ち少氣煩寃し、手足熱して嘔せんと欲する。
名を癉瘧と曰う。

帝曰く、夫れ経に言う、有餘の者はこれを寫し、不足する者はこれを補う。今熱するを有餘と為し、寒を不足と為す。
それ瘧する者の寒は、湯火にても温むること能わざる也。その熱するに及びても、冰水にて寒すること能ざる也。
これみな有餘不足の類なり。
このときに当りて、良工も止めること能わず。必ずその自ら衰うを須ちて乃ちこれを刺す。その故は何ぞ也?願くばその説を聞かん。
岐伯曰く、経に言う。
熇熇の熱を刺すこと無かれ。
渾渾の脈を刺すこと無かれ。
漉漉の汗を刺すこと無かれ。
故にその病に逆す為、未だ治すべからざる也。
それ瘧の始発たるや、陽氣 陰に并する。
当にこの時、陽虚して陰盛ん、外に氣無し故先に寒慄する也。
陰氣逆して極まるときは則ち復た出て陽に之く。
陽と陰、復た外に并すれば則ち陰虚して陽実する、故に先熱して渇く。
それ瘧氣は、陽に并すれば則ち陽勝ち、陰に并すれば則ち陰勝つ。
陰勝てば則ち寒え、陽勝てば則ち熱する。
瘧は、風寒の氣の常ならざる也。
病極まれば則ち復た至る。
病の発たるや、火の熱するが如く、風雨も当たるべからざるが如し也。
故に経言に曰く、その盛んなる時に方(あた)りて、必ず毀る、
その衰えに因るや、事必ず大いに昌とは、これこの謂い也。
瘧の未発たるや、陰未だ陽に并せず、陽未だ陰に并せず、
因りてこれを調えば、真氣安きを得て、邪氣乃ち亡ぶ。
故に工、その已発を治すること能わず、その氣の逆と為す也。

帝曰く、善し。
これを攻めることいかに?早晏はいかに?
岐伯曰く、瘧の且(まさに)発するや、陰陽の且(まさに)移らんとする也、必ず四末より始まる也。
陽すでに傷れて、陰これに従う、故にその時に先じて、その虚を堅束して、邪氣をして入れるを得ず、陰氣出るを得ざらしむ。審らかに候いてこれを見る。
孫絡に在りて盛堅にして血ある者、みなこれを取る。
これ真の往きて未だ并を得ざる者なり。

帝曰く、瘧の不発、その應はいかに?
岐伯曰く、瘧氣とは、必ず更々(こもごも)盛んにして更々虚す。
氣の在る所に当たるや、病、陽に在りては則ち熱して脈躁し、陰に在りては則ち寒して脈静なり。
極りては則ち陰陽俱に衰え、衛氣相い離れる、
故に病は休を得る。衛氣集まれば則ち復た病む也。

帝曰く、時に二日間(へだ)て、或いは数日に至りて発す。或いは渇し或いは渇せず。その故は何ぞ也?
岐伯曰く、その間日なる者は、邪氣と衛氣が六腑に客して、時に相失すること有り、
相得ること能わざる、故に数日休みて乃ち作する也。
瘧とは、陰陽更々勝つもの也。或いは甚しく或いは甚しからず。
故に或いは渇して或いは渇せず。

帝曰く、論に言う。夏に暑に傷れ、秋に必ず瘧を病む。
今、瘧必しも応ぜざる者は何ぞ也?
岐伯曰く、これ四時に応ずる者なり。
その病、形を異にする者は、四時に反する也。
その秋を以って病む者は、寒甚しく
冬を以って病む者は、寒甚しからず。
春を以って病む者は、悪風し、
夏を以って病む者は、汗多し。

帝曰く、それ病、温瘧と寒瘧、みな安(いず)くに舎(やど)り、何れの臓に舎るか?
岐伯曰く、温瘧とは、冬、風寒に中りてこれを得る、氣、骨髄の中に藏して、
春に至れば則ち陽氣大いに発して、邪氣は自出すること能わず、
因りて大暑に遇いて、脳髄爍し、肌肉消し、腠理発泄する、或いは力を用いる所あれば、邪氣と汗みな出る。
この病、腎に藏し、その氣先ず内より出て外に之く也。
この如き者、陰虚して陽盛ん、陽盛んなれば熱する。
衰えれば則ち氣復た反りて入る、入れば則ち陽虚す。陽虚すれば則ち寒する。
故に先ず熱して後寒する。
名を温瘧と曰う。

帝曰く、癉瘧とはいかに?
岐伯曰く、癉瘧とは、肺素より熱有りて、氣は身に於いて盛んなり。厥逆上衝して、中氣は実して外に泄らさず。
因りて力を用いる所有りて、腠理開き、風寒は皮膚の内、分肉の間に舎りて発す。
発すれば則ち陽氣盛ん。陽氣盛んにして衰えざれば則ち病む。
その氣陰に及ばず、故に但だ熱して寒せず。
氣、内は心に藏れ、外は分肉の間に舎る。人をして消爍脱肉せしむ。
故に命じて曰く癉瘧と。

帝曰く善し。

気になる用語関連リンク

膜原・募原→『素問』挙痛論『霊枢』百病始生『霊枢』歳露論

原文・瘧論篇第三十五

黄帝問曰、夫痎瘧、皆生於風、其蓄作有時者何也?
岐伯対曰、瘧之始発也、先起於毫毛、伸欠乃作、寒慄鼓頷、腰脊俱痛、寒去則内外皆熱、頭痛如破、渇欲冷飲。帝曰、何氣使然、願聞其道。
岐伯曰、陰陽上下交争、虚實更作、陰陽相移也。
陽并於陰、則陰實而陽虚。
陽明虚、則寒慄鼓頷也。
巨陽虚、則腰背頭項痛。
三陽俱虚、則陰氣勝。陰氣勝、則骨寒而痛。
寒生於内、故中外皆寒。
陽盛則外熱、陰虚則内熱、外内皆熱、則喘而渇、故欲冷飲也。
此皆得之夏傷於暑、熱氣盛、藏於皮膚之内、腸胃之外、此榮氣之所舎也。
此令人汗空疎、腠理開、
因得秋氣、汗出遇風、及得之以浴、水氣舎於皮膚之内、與衛氣并居。衛氣者、晝日行於陽、夜行於陰。
此氣得陽而外出、得陰而内薄、内外相薄、是以日作。帝曰、其間日而作者、何也?
岐伯曰、其氣之舎深、内薄於陰、陽氣獨発、陰邪内著、陰與陽争、不得出、是以間日而作也。帝曰、善。
其作日晏、與其日早者、何氣使然?
岐伯曰、邪氣客於風府、循膂而下。
衛氣一日一夜、大會於風府、其明日日下一節。故其作也晏。
此先客於脊背也、毎至於風府、則腠理開。腠理開、則邪氣入。邪氣入、則病作。以此日作稍益晏也。
其出於風府、日下一節、二十五日、下至骶骨。二十六日、入於脊内、注於伏膂之脉。
其氣上行、九日出於缺盆之中。其氣日高、故作日益早也。
其間日発者、由邪氣内薄(搏?)於五藏、横連募原也。
其道遠、其氣深、其行遅、不能與衛氣俱行、不得皆出、故間日乃作也。帝曰、夫子言、衛氣毎至於風府、腠理乃発。発則邪氣入、入則病作。
今衛氣日下一節、其氣之発也、不當風府、其日作者奈何?
岐伯曰、此邪氣客於頭項、循膂而下者也。故虚實不同、邪中異所、則不得當其風府也。
故邪中於頭項者、氣至頭項而病。
中於背者、氣至背而病。
中於腰脊者、氣至腰脊而病。
中於手足者、氣至手足而病。
衛氣之所在、與邪氣相合、則病作、故風無常府。
衛氣之所発、必開其腠理。邪氣之所合、則其府也。帝曰、善。
夫風之與瘧也、相似同類、而風獨常在、瘧得有時而休者、何也?
岐伯曰、風氣留其處、故常在。瘧氣隨経絡、沈以内薄、故衛氣應乃作。帝曰、瘧先寒而後熱者、何也?
岐伯曰、夏傷於大暑、其汗大出、腠理開発。因遇夏氣淒滄之水寒、藏於腠理皮膚之中。秋傷於風、則病成矣。(※淒:セイ、さむい、すずしい)
夫寒者陰氣也、風者陽氣也。
先傷於寒、而後傷於風、故先寒而後熱也。病以時作、名曰寒瘧。帝曰、先熱而後寒者、何也?
岐伯曰、此先傷於風、而後傷於寒、故先熱而後寒也。亦以時作、名曰温瘧。
其但熱而不寒者、陰氣先絶、陽氣獨発、則少氣煩寃、手足熱而欲嘔、名曰癉瘧。帝曰、夫経言、有餘者寫之、不足者補之。今熱為有餘、寒為不足。
夫瘧者之寒、湯火不能温也。及其熱、冰水不能寒也。
此皆有餘不足之類。
當此之時、良工不能止、必須其自衰乃刺之、其故何也?願聞其説。
岐伯曰、経言、無刺熇熇之熱。無刺渾渾之脉。無刺漉漉之汗。
故為其病逆、未可治也。
夫瘧之始発也、陽氣并於陰、當是之時、陽虚而陰盛、外無氣、故先寒慄也。
陰氣逆極、則復出之陽。陽與陰復并於外、則陰虚而陽實、故先熱而渇。
夫瘧氣者、并於陽則陽勝、并於陰則陰勝。陰勝則寒、陽勝則熱。
瘧者、風寒之氣不常也。病極則復。
至病之発也、如火之熱、如風雨不可當也。
故経言曰、方其盛時、必毀、因其衰也。事必大昌、此之謂也。
瘧之未発也、陰未并陽、陽未并陰、因而調之。眞氣得安、邪氣乃亡。故工不能治其已発、為其氣逆也。帝曰、善。
攻之奈何?早晏何如?
岐伯曰、瘧之且発也、陰陽之且移也、必従四末始也。
陽已傷、陰従之、故先其時、堅束其處、令邪氣不得入、陰氣不得出、審候見之。
在孫絡盛堅而血者、皆取之。此眞往而未得并者也。帝曰、瘧不発、其應何如?
岐伯曰、瘧氣者、必更盛更虚。
當氣之所在也、病在陽則熱而脉躁、在陰則寒而脉静。
極則陰陽俱衰、衛氣相離、故病得休。衛氣集、則復病也。帝曰、時有間二日、或至数日発。或渇或不渇。其故何也?
岐伯曰、其間日者、邪氣與衛氣客於六府、而有時相失、不能相得、故休数日乃作也。
瘧者、陰陽更勝也。或甚或不甚、故或渇或不渇。帝曰、論言夏傷於暑、秋必病瘧。今瘧不必應者、何也?
岐伯曰、此應四時者也。其病異形者、反四時也。
其以秋病者、寒甚、以冬病者、寒不甚、以春病者、悪風、以夏病者、多汗。帝曰、夫病温瘧與寒瘧、而皆安舎、舎於何藏?
岐伯曰、温瘧者、得之冬中於風寒、氣藏於骨髄之中、
至春則陽氣大発、邪氣不能自出、因遇大暑、脳髄爍、肌肉消、腠理発泄、或有所用力、邪氣與汗皆出、此病藏於腎、其氣先従内出之於外也。
如是者、陰虚而陽盛、陽盛而熱矣。
衰則氣復反入、入則陽虚、陽虚則寒矣。故先熱而後寒、名曰温瘧。

帝曰、癉瘧何如?
岐伯曰、癉瘧者、肺素有熱、氣盛於身、厥逆上衝、中氣實而不外泄。
因有所用力、腠理開、風寒舎於皮膚之内、分肉之間而発、発則陽氣盛、陽氣盛而不衰則病矣。
其氣不及於陰、故但熱而不寒。
氣内藏於心、而外舎於分肉之間、令人消爍脱肉、故命曰癉瘧。

帝曰善。

瘧論篇を理解するために、『霊枢』の邪客篇や歳露篇と併せて読むと良いでしょう。

刺逆篇第三十六につづく

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP