素問 挙痛論篇の書き下し文

黄帝内経素問 挙痛論篇第三十九

この挙痛論では人体に生じる痛みの機序を詳細に説かれています。痛みの原因を主に寒氣としていますが、寒氣に拘らず広く邪としてみた方が理解しやすいかもしれません。病位(病邪の位置)によって症状が変わるさま、そして病位が移動していくさまは非常に臨床的です。

※以下に書き下し文、次いで原文を紹介します。ちなみに口語訳にしないのは経文の本意を損なう可能性があるからです。口語訳は各自の世界観で行いましょう。

書き下し文・挙痛論篇第三十九

黄帝問うて曰く、余 聞く、善く天を言う者は、必ず人に験みること有り。善く古(いにしえ)を言う者は、必ず今に於いて合うこと有り。善く人を言う者は、必ず己に厭たること有り。
これの如くなるときは則ち道に惑わずして要数極まる。所謂明なり。
今、余 夫子に問う、言いて知るべく、視て見るべく、捫して得るべからしめ、
己に験あらしめ、蒙を発して惑いを解くが如く、得て聞くべけん乎。
岐伯、再拜稽首し対えて曰く、何の道の問いぞ也?

帝曰く、願くば聞かん、人の五臓、卒かに痛むこと、何の氣が然らしむるや?
岐伯対えて曰く、経脈流行して止まず、環周して休まず。
寒氣経に入りて稽遅すれば、泣して行かず。
脈外に客するときは則ち血少なく、
脈中に客するときは則ち氣通ぜず。
故に卒然として痛む。

帝曰く、その痛み、或いは卒然として止む者、或いは痛み甚しく休まざる者、
或いは痛み甚しく按ずること不可なる者、或いはこれを按じて痛み止む者、或いはこれを按じて益無き者、
或いは喘動して手に応ずる者、或いは心と背が相い引いて痛む者、或いは脇肋と少腹が相い引いて痛む者、
或いは腹痛みて陰股に引く者、或いは痛み宿昔して積を成す者、
或いは卒然として痛み死して人を知らず、少しく間有りて復た生くる者、
或いは痛みて嘔する者、或いは腹痛して後に泄する者、或いは痛みて閉じて通ぜざる者、
凡そ此れらの諸痛、各々形を同じからず、これを別つこといかに?
岐伯曰く、寒氣 脈外に客するときは則ち脈寒える。
脈寒すれば則ち縮踡す。縮踡すれば則ち脈絀急す、絀急すれば則ち外、小絡を引く。
故に卒然として痛む。
炅(けい)を得るときは則ち痛み立ちどころに止む。
因りて重く寒に中(あた)るときは則ち痛み久し。
寒氣、経脈の中に客して、炅氣と相い薄まるときは則ち脈満つる。
満つるときは則ち痛みて按ずること不可なり。
寒氣 稽留して、炅氣 従上するときは則ち脈充大にして血氣は乱る。故に痛み甚しくして按ずること不可なり。
寒氣 腸胃の間、膜原の下に客すれば、血は散ずることを得ず、小絡急に引く、故に痛む。
これを按じて則ち血氣散ずる、故にこれを按じて痛み止む。
寒氣 侠脊の脈に客するときは則ち深くこれを按じて及ぶこと能はず。故にこれを按じて益無き也。
寒氣 衝脈に客す、衝脈は関元に起こりて、腹に随いて直上する。寒氣 客するときは則ち脈通ぜず。脈通ぜざるときは則ち氣これに因る。故に喘動して手に応ずる。
寒氣 背兪の脈に客すれば則ち脈泣する。脈泣するときは則ち血虚す。血虚するときは則ち痛む。その兪は心に注ぐ。故に相い引きて痛む。これを按じて則ち熱氣至る。熱氣至れば則ち痛み止む。
寒氣 厥陰の脈に客す、厥陰の脈は陰器に絡い、肝に繋がる。寒氣 脈中に客するときは則ち血泣し脈急する。故に脇肋と少腹が相い引きて痛む。厥氣 陰股に客し、寒氣上りて少腹に及び、血泣下に在りて相い引く、故に腹痛み陰股に引く。
寒氣 小腸、膜原の間、絡血の中に客して、血泣して大経に注ぐこと得ず、血氣 稽留して行くことを得ず。故に宿昔して積を成す。
寒氣 五臓に客し、厥逆して上り泄して、陰氣竭し、陽氣未だ入らず。故に卒然として痛み、死して人を知らず、氣復た反するときは則ち生く。
寒氣 腸胃に客し、厥逆して上りて出る、故に痛みて嘔する也。
寒氣 小腸に客し、小腸に聚を成すこと得ざる、故に後泄して腹痛する。
熱氣 小腸に留めて、腹中痛む、癉熱焦渇すれば則ち堅乾して出ることを得ざる、故に痛み閉じて通ぜざる。

帝曰く、所謂言いて知べき者也、視て見るべきとはいかに?
岐伯曰く、五臓六腑、固に盡(ことごと)く部有り。その五色を視る。黄赤は熱と為し、白は寒と為し、青黒は痛と為す。
此れ所謂(いわゆる)視て見るべき者なり。

帝曰く、捫して得るべしとはいかに?
岐伯曰く、その病を主るの脈を視る、堅にして血及び陥下する者は、みな捫して得るべき也。

帝曰く、善し。
余、百病 氣に於いて生ずることを知る也。
怒るときは則ち氣上る
喜ぶときは則ち氣緩む
悲しむときは則ち氣消える
恐れるときは則ち氣下る
寒するときは則ち氣収む
炅なるときは則ち氣泄れる
驚くときは則ち氣乱る
労するときは則ち氣耗する
思うときは則ち氣結する。
九氣同じからず、何れの病を生ずる。
岐伯曰く、怒れば則ち氣逆し、甚しければ則ち嘔血して飱泄に及ぶ、故に氣上する。
喜べば則ち氣和し志達して、榮衛は通利する、故に氣は緩む。
悲ければ則ち心系急して、肺布き葉挙して上焦通ぜず、榮衛は散ぜず、熱氣は中に在り、故に氣消す。
寒ければ則ち腠理閉じ、氣行らず、故に氣収む。
炅すれば則ち腠理開き、榮衛通じて、汗大いに泄す、故に氣泄す。
驚けば則ち心の倚る所無し、神に帰する所無し、慮に定まる所無し、故に氣乱れる。
労すれば則ち喘息して汗出る、外内みな越す、故に氣耗する。
思えば則ち心の存する所有り、神の帰する所有り、正氣は留まりて行かず、故に氣結ぶ。

気になる用語関連リンク

膜原→『素問』瘧論第三十五

原文・挙痛論篇第三十九

黄帝問曰、余聞善言天者、必有験於人。善言古者、必有合於今。善言人者、必有厭於己。
如此則道不惑、而要数極、所謂明也。
今余問於夫子、令言而可知、視而可見、捫而可得、令験於己、而発蒙解惑、可得而聞乎。
岐伯、再拜稽首対曰、何道之問也。帝曰、願聞人之五藏卒痛、何氣使然?
岐伯対曰、経脉流行不止、環周不休。寒氣入経而稽遅、泣而不行。客於脉外、則血少。客於脉中、則氣不通。故卒然而痛。帝曰、其痛或卒然而止者、或痛甚不休者、或痛甚不可按者、或按之而痛止者、或按之無益者、或喘動應手者、或心與背相引而痛者、或脇肋與少腹相引而痛者、或腹痛引陰股者、或痛宿昔而成積者、或卒然痛、死不知人、有少間復生者、或痛而嘔者、或腹痛而後泄者、或痛而閉不通者。
凡此諸痛、各不同形、別之奈何?
岐伯曰、寒氣客於脉外則脉寒、脉寒則縮踡。縮踡則脉絀急、絀急則外引小絡。故卒然而痛、得炅則痛立止。
因重中於寒、則痛久矣。
寒氣客於経脉之中、與炅氣相薄、則脉満、満則痛而不可按也。
寒氣稽留、炅氣従上、則脉充大而血氣乱、故痛甚不可按也。
寒氣客於腸胃之間、膜原之下、血不得散、小絡急引、故痛。
按之則血氣散、故按之痛止。
寒氣客於侠脊之脉、則深按之不能及、故按之無益也。
寒氣客於衝脉、衝脉起於関元、隨腹直上。寒氣客則脉不通、脉不通則氣因之、故喘動應手矣。
寒氣客於背兪之脉、則脉泣。脉泣則血虚、血虚則痛。其兪注於心、故相引而痛、按之則熱氣至、熱氣至則痛止矣。
寒氣客於厥陰之脉、厥陰之脉者、絡陰器、繋於肝。寒氣客於脉中、則血泣脉急、故脇肋與少腹相引痛矣。
厥氣客於陰股、寒氣上及少腹、血泣在下相引、故腹痛引陰股。
寒氣客於小腸膜原之間、絡血之中、血泣不得注於大経、血氣稽留不得行、故宿昔而成積矣。
寒氣客於五藏、厥逆上泄、陰氣竭、陽氣未入、故卒然痛、死不知人、氣復反、則生矣。
寒氣客於腸胃、厥逆上出、故痛而嘔也。
寒氣客於小腸、小腸不得成聚、故後泄腹痛矣。
熱氣留於小腸、腹中痛、癉熱焦渇、則堅乾不得出、故痛而閉不通矣。帝曰、所謂言而可知者也、視而可見奈何?
岐伯曰、五藏六府、固盡有部。視其五色、黄赤為熱、白為寒、青黒為痛、此所謂視而可見者也。帝曰、捫而可得奈何?
岐伯曰、視其主病之脉、堅而血及陥下者、皆可捫而得也。帝曰、善。余知百病生於氣也。
怒則氣上、喜則氣緩、悲則氣消、恐則氣下、寒則氣収、炅則氣泄、驚則氣乱、勞則氣耗、思則氣結。
九氣不同、何病之生。
岐伯曰、怒則氣逆、甚則嘔血及飱泄、故氣上矣。
喜則氣和志達、榮衛通利、故氣緩矣。
悲則心系急、肺布葉挙、而上焦不通、榮衛不散、熱氣在中、故氣消矣。
寒則腠理閉、氣不行、故氣収矣。
炅則腠理開、榮衛通、汗大泄、故氣泄。
驚則心無所倚、神無所歸、慮無所定、故氣乱矣。
勞則喘息汗出、外内皆越、故氣耗矣。
思則心有所存、神有所歸、正氣留而不行、故氣結矣。

腹中論第四十につづく

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP