霊枢 歳露論の書き下し文

黄帝内経霊枢 歳露論第七十九

黄帝内経 霊枢の歳露論では、疫病の病理について詳解されています。風を通常の熱病とし、それに対比させているのが瘧病。これといった病因・きっかけがないのになぜ発病するのか?という疑問に関する病理を皮切りに、なぜ個々ではなく、多くの人々が同じように発症するのか?すなわち疫病の特性について解説する論篇です。

人体の氣の虚実、歳と月と人のバイオリズムが鍵であるという視点から、運気論の親和性・重要性の示唆を感じます。
疫病の特徴が、空間と時間において(ある程度の)限定性があることから、歳露の内容が導き出されたのだと考えることも可でしょう。

※以下に書き下し文、原文を紹介します。ちなみに口語訳にしないのは経文の本意を損なう可能性があるからです。口語訳は各自の世界観で行いましょう。

『霊枢』歳露論第七十九

黄帝、岐伯に問うて曰く、経に言う、夏日に暑に傷れて、秋に瘧を病む。瘧の発するに時を以ってする、その故は何ぞ也?
岐伯対えて曰く、邪は風府に客する。病、膂に循りて下る。衛氣は一日一夜、常に風府に於いて大会す、
その明日、日に一節を下る、故にその日に作すること晏し、これその先に脊背に客すれば也。
故に風府に至る毎に則ち腠理開く、腠理開けば則ち邪氣入る、邪氣入れば則ち病作する、これ日に作すること尚晏す所以なり。
衛氣の風府を行くこと、日に一節を下る、二十一日下りて尾底に至る、二十二日に脊内に入り、伏衝の脈に注ぐ、
その行くこと九日にして、缺盆の中に出る。その氣の上行する、故にその病稍(やや)益すに至る。
その内は五臓に搏(う)ち、横は募原に連なる、その道遠く、その氣深し、その行り遅く、日に作すること能わず、
故に次の日に乃ち蓄積して作する。

黄帝曰く、衛氣、毎に風府に至る、腠理乃(すなわ)ち発す、発すれば則ち邪入る。
その衛氣、日に一節下るときは則ち風府に当らず、いかに?
岐伯曰く、風府は常無し、衛氣の応ずる所、必ずその腠理開く、氣の舎る所の節は則ちその府なり。

黄帝曰く、善し。
それ風と瘧とは相いともに類を同じくす。而して風は常に在りて、瘧は特り時を以って休すること何ぞ也?
岐伯曰く、風氣その処に留れば、瘧氣は経絡に随い、沈み以って内搏する。
故に衛氣、応じて乃ち作する也。
帝曰く、善し。

黄帝、少師に問うて曰く。余、聞く、四時八風の人に中るや、
故に寒暑有り。寒すれば則ち皮膚急して腠理閉じる、
暑なれば則ち皮膚緩みて腠理開く。
賊風の邪氣、因りて以って入ることを得るや?将、必ず八正の虚邪を須ちて、乃ち能く人を傷るや?
少師答て曰く、然らず。
賊風の邪氣、人に中るや、時を以ってするを得ず、
然れども必ずその開に因るや、その入ること深く、その内に病を極む、その人を病ましむるや卒暴なり。
その閉に因るや、その入ること浅く以って留る、その病たるや徐にして以って遅し。

黄帝曰く、寒温、和適して、腠理開かざること有り。然して卒かに病む者有り、その故は何ぞ也?
少師答て曰く。帝、邪の入ることを知らざるや?平居すると雖も、その腠理の開閉は緩急する、その故に常に時有る也。

黄帝曰く、得て聞くべきか?
少師曰く、人と天地は相い参ずる也、日月と相い応ずる也。
故に月満つるときは則ち海水西に盛ん、人の血氣は積み、肌肉充つる、皮膚は緻にして、毛髪は堅く、腠理は郄し、煙垢著く、この時に当れば、賊風に遇うと雖も、その入ること浅くして深からず。
その月郭空に至るときは則ち海水東に盛ん、人の氣血は虚し、その衛氣は去り、形独居し、肌肉減じて、皮膚は縦し、毛髪残り、腠理薄く、煙垢落つる、この時に当って、賊風に遇えば、則ちその入ること深く、その人を病ましむこと卒暴たり。

黄帝曰く、その卒然として暴かに死し暴かに病む者有るは、何ぞ也?
少師答て曰く、三虚はその死暴疾なり。三実を得る者、邪、人を傷ること能わざる也。
黄帝曰く、願くば三虚を聞かん。
少師曰く、年の衰に乗じ、月の空に逢い、時の和を失する、因りて賊風の傷る所と為す、これを三虚と謂う。故に論に三虚を知らずは、工、反って粗と為すと。
帝曰く、願くば三実を聞かん。
少師曰く、年の盛に逢い、月の満に遇い、時の和を得る、賊風の邪氣有りと雖もこれを危うくすること能わざる也。
黄帝曰く、善きかな。論、明なるかな。
道、請う、これを金匱に藏して、命じて三宝と曰(いわ)ん。然れどもこれ一夫の論なり。

黄帝曰く、願くば聞かん、歳に皆 病を同じくする所以の者は、何に因りて然るや?
少師曰く、これ八正の候なり。

黄帝曰く、これを候うこといかに?
少師曰く、これを候う者、常に冬至の日を以って、太一を叶蟄の宮に立つ。その至るや、天、必ずこれに応じて風雨を以ってする者なり。風雨は南方より来たる者を虚風と為し、人を賊傷するものなり。
その夜半を以って至るや、萬民みな臥して犯さざる也、故にその歳の民は病少なし。
それ昼を以って至る者は、萬民懈惰して、みな虚風に中る、故に萬民病多し。
虚邪入りて骨に客して、外に発せず、その立春に至りて、陽氣大い発し、腠理開く、因りて立春の日、風は西方より来たる、
萬民また皆 虚風に中る、これ両邪相い搏ち、経氣、結代する者なり。
故に諸々のその風に逢いて、その雨に遇う者を、命じて歳露に遇うと曰うなり。
歳の和に因りて、賊風少なき者は、民、病少なく死少なし。
歳に賊風邪氣多く、寒温和せざるときは、則ち民に病多くして死する。

黄帝曰く、虚邪の風、その傷る所の貴賤はいかに?これを候うこといかに?
少師答て曰く、正月の朔日、太一、天留の宮に居す、その日、西北の風(吹き)、雨せざれば、人多く死する。
正月の朔日、平旦に北風(あれば)、春に民多く死する。
正月の朔日、平旦に北風行われば、民病みて死する者、十に三有るなり。
正月の朔日、日中に北風(あれば)、夏に民多く死する。
正月の朔日、夕時に北風(あれば)、秋に民多く死する。
終日に北風(あれば)、大いに病み死する者十に六有り。
正月の朔日、風、南方より来たるを、命じて旱郷と曰う。
西方より来たるを、命じて白骨将と曰う、国に殃有り、人多く死亡す。
正月の朔日、風、東方より来たり、屋を発し沙石を揚ぐれば、国に大災有る也。
正月の朔日、風、東南方より行われば、春に死亡有り。
正月の朔、天、和温にして風ならず、糴(てき)賤(ひく)く、民病まず。
天寒にして風(ふけば)、糴(てき)貴(たか)く、民多く病む。
これ歳の風、人を□傷する者を候う所以なり。(□=血戔、太素では賊、甲乙経にはこの十二字はない)
二月の丑、風ふかざれば、民に心腹の病多し。
三月の戌、温ならざれば、民に寒熱多し。
四月の巳、暑ならざれば、民に癉病多し。
十月の申、寒ならざれば、民に暴死多し。
諸、所謂、風なる者は、みな屋を発し、樹木を折り、沙石を揚げ、毫毛を起こし、腠理を発する者なり。

気になる用語リンク

募原→『霊枢』百病始生第六十六『素問』瘧論篇第三十五

『霊枢』歳露論第七十九

黄帝問於岐伯曰、経言夏日傷暑、秋病瘧。瘧之発以時、其故何也?
岐伯対曰、邪客於風府、病循膂而下、衛氣一日一夜、常大會於風府、其明日日下一節、故其日作晏、此其先客於脊背也。
故毎至於風府、則腠理開、腠理開則邪氣入、邪氣入則病作、此所以日作尚晏也。
衛氣之行風府、日下一節、二十一日下至尾底、二十二日入脊内、注於伏衝之脉、其行九日、出於缺盆之中。其氣上行、故其病稍益至。
其内搏於五藏、横連募原、其道遠、其氣深、其行遅、不能日作、故次日乃蓄積而作焉。黄帝曰、衛氣毎至於風府、腠理乃発、発則邪入焉。其衛氣日下一節、則不當風府、奈何?
岐伯曰、風府無常、衛氣之所應、必開其腠理、氣之所舎節、則其府也。黄帝曰、善。夫風之與瘧也、相與同類、而風常在、而瘧特以時休、何也?
岐伯曰、風氣留其處、瘧氣隋経絡、沈以内搏。故衛氣應乃作也。
帝曰、善。黄帝問於少師曰、余聞四時八風之中人也、故有寒暑。寒則皮膚急而腠理閉、暑則皮膚緩而腠理開、賊風邪氣、因得以入乎?将必須八正虚邪、乃能傷人乎?
少師答曰、不然。賊風邪氣之中人也、不得以時、然必因其開也。其入深、其内極病、其病人也卒暴。因其閉也、其入浅以留、其病也徐以遅。黄帝曰、有寒温和適、腠理不開。然有卒病者、其故何也?
少師答曰、帝弗知邪入乎?雖平居、其腠理開閉緩急、其故常有時也。黄帝曰、可得聞乎?
少師曰、人與天地相参也、與日月相應也。
故月満則海水西盛、人血氣積、肌肉充、皮膚緻、毛髪堅、腠理郄、煙垢著、當是之時、雖遇賊風、其入浅不深。
至其月郭空、則海水東盛、人氣血虚、其衛氣去、形独居、肌肉減、皮膚縦、毛髪残、腠理薄、煙垢落、當是之時、遇賊風、則其入深、其病人也卒暴。黄帝曰、其有卒然暴死暴病者、何也?
少師答曰、三虚者、其死暴疾也。得三實者、邪不能傷人也。
黄帝曰、願聞三虚。
少師曰、乘年之衰、逢月之空、失時之和、因為賊風所傷、是謂三虚。故論不知三虚、工反為粗。
帝曰、願聞三實。
少師曰、逢年之盛、遇月之満、得時之和、雖有賊風邪氣不能危之也。
黄帝曰、善乎哉。論、明乎哉。
道、請藏之金匱、命曰三實、然此一夫之論也。黄帝曰、願聞歳之所以皆同病者、何因而然?
少師曰、此八正之候也。

黄帝曰、候之奈何?
少師曰、候此者、常以冬至之日、太一立於叶蟄之宮。其至也、天必應之以風雨者矣。風雨従南方来者、為虚風賊傷人者也。
其以夜半至也、萬民皆臥而弗犯也、故其歳民少病。
其以晝至者、萬民懈惰、而皆中於虚風、故萬民多病。虚邪入客於骨、而不発於外、至其立春、陽氣大発、腠理開、因立春之日、風従西方来、萬民又皆中於虚風、此両邪相搏、経氣結代者矣。
故諸逢其風而遇其雨者、命曰遇歳露焉。
因歳之和、而少賊風者、民少病而少死。歳多賊風邪氣、寒温不和、則民多病而死矣。

黄帝曰、虚邪之風、其所傷貴賤何如?候之奈何?
少師答曰、正月朔日、太一居天留之宮、其日西北風不雨、人多死矣。
正月朔日、平旦北風、春民多死。
正月朔日、平旦北風行、民病死者、十有三也。
正月朔日、日中北風、夏民多死。
正月朔日、夕時北風、秋民多死。終日北風、大病死者十有六。
正月朔日、風従南方来、命曰旱郷。従西方来、命曰白骨将、國有殃、人多死亡。
正月朔日、風従東方来、発屋揚沙石、國有大災也。
正月朔日、風従東南方行、春有死亡。
正月朔、天和温不風、糴賤、民不病。天寒而風、糴貴、民多病。此所以候歳之風□傷人者也。(□=血戔、太素では賊、甲乙経にはこの十二字はない)
二月丑不風、民多心腹病。三月戌不温、民多寒熱。四月巳不暑、民多癉病。
十月申不寒、民多暴死。
諸所謂風者、皆発屋、折樹木、揚沙石、起毫毛、発腠理者也。

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP