イラストでみる鍼灸師のタイプ別

鍼灸師・4タイプ

鍼灸師には以下の4つのタイプがあると考えています。

1、衛気タイプの鍼灸師
2、営気タイプの鍼灸師
3、水タイプの鍼灸師
4、血タイプの鍼灸師

※以上のタイプは鍼灸フェスタ2019で発表したもので、当会が2018~2019年から提唱しているものです。(古典文献には記載されてないと思います)

鍼術・鍼法に優劣や是非はない

日本の鍼灸界には実に様々な鍼術・鍼法があります。分かりやすい対比として、以下のような例が挙げられます。
「少数鍼」と「多数鍼」どちらを選ぶのか?
「繊細な鍼」と「響かせる鍼」どちらを選ぶのか?

当会では『多数鍼が悪い』『少数鍼が特殊な技だ』などとは見なしていません。同じく「繊細な鍼と強い鍼の間に優劣はない」とみています。

もちろん『患者さんに合わせた刺激量と手法の選択を』というのも当会の趣旨ではありません。
眼をつけるべきは、それぞれの技術・鍼術に背景にある理論です。

 

多数鍼と少数鍼にはそれぞれが効かせる対象が異なるのです。他の鍼術・鍼法も同じ、というのが当会の見解です。
治療の対象が異なるから、技術体系が異なるのも治療評価の基準が異なるのもまた当然のこと。

イラストでみる鍼灸師4タイプ

4つのタイプの特徴をイラストにしてみました。


illustrated by Yumiko Hujikawa

具体的な鍼治法の解説はコチラ「あなたは衛気タイプ?営気タイプ?それとも?」

鍼師は鍼の技術を磨くだけでは不十分

鍼術・鍼法の違いは単なる“クセ”や“好み”で片づけられる問題ではありません。
(詳しくはコチラ「鍼灸師のタイプと好み」

自分の特性を正しく理解し、自分に適した鍼術・鍼法を実践すべきです。
となると、鍼術・鍼法に則した治療方針を立てないといけません。そのためには治療学だけでなく、病理学を学ぶ必要があります。

加えて、治療するためには必要な情報を集める必要があります。いわゆる四診ですが、これも鍼法に適した診法があります。
鍼法と診法には相関関係があるのです。これを理解せずに四診を行っても、正しく合参することはできません。

風呂敷を広げるだけでたたむことができないのです。そんな問診をしている初学者の人は多いですね。

師とは…

師と呼ばれる立場の者は、学習者・弟子の特性を見抜き、それぞれの特性に適した診法と鍼法を伝える器量が要求されます。

それをせず自分の得意とする技術だけを押し付け、他の技術を否定するようでは器量不足との謗りを免れない…といったことを肝に銘じて、私は臨床治療と勉強会ともに自己研鑽に励んでおります。

当会講座へのお申込みはコチラのメールフォームからご連絡ください。

当日の連絡先・電話番号(必須)

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP