鍼灸OSAKA138号の特集は冷えと冷え症

鍼灸OSAKA 138号の特集【冷えと冷え症】に記事を寄稿させていただきました。

「冷えは万病の元」というフレーズはよく聞きますが、本当にそうなのだろうか?
「風は百病の長」ではなかったか?いやいや「寒は殺厲の氣」と寒冷(冷え)を警戒する文献はいくつも在る。

また「体を冷やすのは良くない」とも言いますが、本当にそうなのだろうか?
温活といった言葉もよく目にするし、冷えに対する養生はアレコレあるが、治療家として大事なのは何なのか?

何が言いたいのかというと『冷えに対する養生と治療は一線を画すべき』なのだ。
治療家は情報をシェアする際には養生を語り、臨床では治療を行うべきであり、冷えに対する養生と診断治療を一緒に考えてはいけない…といった記事を書きました。

当会の東京講座のメンバーでもある若林理砂先生(アシル治療室Studio Libra)も記事を寄稿!「現代の冷えを考察する ~その冷えは、どの「冷え」なのか~」

医道の日本6月号に続いて、鍼道五経会から2名の記事掲載です。

興味がある方は以下のリンクから購入手続きを!

鍼灸OSAKA 138号の購入はコチラ

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

機関誌『おけら』に論考『診法における機』を寄稿
『中医臨床』に陰火学説に関する論考を寄稿
「胎毒治療から生命観をさぐる ー日本医学文献・用薬編ー」を『中医臨床』に寄稿
『中医臨床』に「東垣鍼法から陰火学説を考える(後篇)」を寄稿
『中医臨床』に「易水派の鍼法について ー雲岐子から羅天益までー」を寄稿
『中医臨床』に「東垣鍼法から陰火学説を考える(前篇)」を寄稿
『医道の日本』6月号に3記事掲載
『医道の日本』7月号に記事掲載
『中医臨床』に「易水派の治療について-羅天益が記した灸薬併治-」を寄稿
『中医臨床』に「海蔵拨原法」を寄稿
「胎毒治療から生命観をさぐる ー中朝医学文献編ー」を『中医臨床』に寄稿
機関誌『おけら』に共同論文『緯書と医書』掲載
『中医臨床』に「中風に対する鍼薬併治」を寄稿
『中医臨床』に「つわりの鍼灸治療の症例」を寄稿

Menu

HOME

TOP