運動と発熱は同じ

運動と発熱は同じである。

このように書くと奇異に感じる人もいるかもしれません。

しかし、東洋医学で(特に漢方・湯液医学の視点から)治療している鍼灸師の先生からは共感を得られるかとも思います。

☞ 運動によって体内に熱が産生され、その余剰の熱を放散するために発汗する。

☞ 発熱も病によって生じた熱を治すために、発汗によって(熱を)発散・発表する。

両者の違いは、人為的に発汗によって放熱するか、病的なきっかけで発汗し放熱するか…の違いでしかありません。

もひとつの共通点は両者とも疲れる(しんどい)ということでしょうか。

諺(ことわざ)の「夏に●●すると冬にカゼひかない」

以上の現象に関係が深いと思われる諺(ことわざ)として「夏に日焼けすると冬にカゼをひかない」という言葉があります。

おばあちゃんの知恵袋などでこの諺・言葉を聞いた(見た)ことのある人は少なくないと思います。

さて、夏に日焼けすると冬にカゼひかない・・・。これは「日焼け=カゼをひかない」という図式を言っているのではありません。一般的な観点からいうと「医学的根拠はありません」という回答で窘められそうです。

しかし、東洋医学の観点からみると「夏に日焼けすると、冬にカゼひかない」は有効な健康法なのです。

分かりやすく書くと・・・【日焼け(≒運動)→発汗→放熱】という体の使い方を 夏の間にしていることになります。その結果、内熱や湿痰の蓄積量は減ります。となると、冬になっても風寒の邪からの影響は受けにくくなります。

その結果として、カゼをひきにくくなるのですね。

また、日頃から発汗しているということは、表気(衛気)をはたらかせることにも通じます。

さらに発汗しやすい体を作っておくことも重要です。なぜなら、もしカゼをひいても発汗が容易にできることとなり、それ即ち カゼを治しやすい体質という結果にもつながるのです。

運動を東洋医学でみると…

もう少し東洋医学的に表現すると次のようになります。

日頃から運動して発汗している人は、体内にくすぶる熱をこまめに発散していることになります。つまり内熱・鬱熱を強制的に発散していることと同じですね。さらには汗という形で水(湿痰)を追い出してもいるし、運動して体を動かしているため気滞も解除していることになるでしょう。

ちなみに…風寒の邪が体に影響すれば、すぐにカゼをひくというわけではありません。無形の風邪(ふうじゃ)・寒邪が体に居つくには、足がかりが必要です。その外邪にとっての足がかりとなるのが、湿痰や気滞です。

外邪が居つき、熱化して熱病となったとき、内熱と結びついて、鬱熱化・高熱化しやすくなるのです。

つまり外邪が侵入するためには“正気の虚”があることも必要条件ですが、病に成長するためには“体の内部の邪実(内実)と結びつくこと”も重要な条件なのです。

以上のことをまとめると次のようになります。

1、冬にカゼをひく(発熱する)ためには必要な条件がある。

2、その条件とは、発病させるための外邪(風寒の邪)が必要であること。

3、人体に侵入した外邪が発病させるのだが、さらに熱病化させるためには気滞・湿痰・内熱などの伏邪・内実が必要である。

4、カゼ(熱病)を重症化させない、かつ熱病を治しやすい身体を作っておくためには、常日頃から(運動などで)気を巡らし、発汗により水を巡らせ、熱を発散させておくことが必要である。

5、そして、この気・水・熱を動かすことは、漢方(湯液)だけでなく、鍼灸でも可能である。

臨床においては「酷暑だ・猛暑のため熱中症が怖い」とばかりにクーラーにこもり、水分補給を推奨するだけでは夏の熱中症対策だけの話であって、次の季節の対策になりません。つまりは治未病とはいえないのです。

患者さんの状態をみて体質に合わせて、それぞれに可能な範囲で発汗や行気できる方法を提示する…そんな鍼灸治療がこの時期には必要であると考えます。

※全ての人が夏季の発汗すべきであるとは言いません。個々の証や状況により発汗の適・不適は変化します。それらの条件を見極めたうえで、生活指導することも鍼灸師のお仕事だと言えるでしょう。

※上記のカゼ・発熱・熱病を痛み・疼痛に置き換えても、大きな齟齬はないとも考えています。(もちろん、痛みの種類にもよりますが)

鍼道五経会 足立繁久

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP