【外部講義のお知らせ】11月の軒岐会さん例会 -老若男女の男と女(ナンとニョ)-

来たる11月21日(第3日曜日)に軒岐会さんにて外部講義を行います。

今回のテーマは「東医的な人体観 ~性差で異なる生理学~」です。前回の「世代で異なる生理学」の続編となる【老若男女の男と女(ナンとニョ)】です。

鍼灸院の患者さん比率では女性が多いと言われています。
そのためにも伝統医学・東洋医学の婦人科を修めておくことは必須です。

男女の体質の違いを理解するためにも「男と女(ナンとニョ)」を対比して学ぶと分かりやすいと思います。

伝統医学における男女の違いとは?
月経中(生理中)の脈は滑脈っていうけどホント?
女性の治療は男性に比べて10倍難しいというけどナゼ?

・・・と、そんな話を切り口にして当会講座【生老病死を学ぶ】の鍼灸婦人科の一端を紹介しようと思う次第です。

申込み先はコチラ kenkikai2015@yahoo.co.jp
会場はエル大阪(会場アクセス)ですが、オンラインで参加可能とのことです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

鍼道五経会 2022年1月の外部講義の予定
特別講義のお知らせ【脈診と運動鍼による新たなアプローチ】
3月の三旗塾オープン講座
【外部講義のお知らせ】軒岐会さん7月例会
2019三旗塾のオープン講座に参加
外部講座レポート【多様な脈診からわかる人体観】於 軒岐会
Japanese Acupuncture abroad-study tour で脈診をレクチャー
外部講座レポート【老若男女のロウとニャク(小児科と老年科の比較)】於 軒岐会
外部講座レポート【いろんな脈診 いろんな診法】於 静岡県鍼灸師会
【外部講義のお知らせ】東医的な人体観 ~世代で異なる生理学~ 於軒岐会
外部講座レポート【脈診と運動鍼による新たなアプローチ】於 全国鍼灸マッサージ協会
特別講義のお知らせ【脈診と腹診での診断アプローチ】
「伝統医療 游の会」に参加してきました
外部講座レポート【Japanese Acupuncture abroad-study tour 2023 in 京都】
鍼灸脈診と鍼灸による気の昇降を講義「先進融合医学研究会 合宿」にて

Menu

HOME

TOP