難経における栄衛-三十難-

栄衛を知ることの意義

栄衛の違いを知ることは栄気・衛気の性質を詳しく知ることである。
鍼の技術を向上させるには栄気・衛気を把握し
「どの気の層に鍼をするのか?」を意識することは必要である。

そのために衛気・栄気を理解しよう!というのが、本サイトで素問・霊枢・難経の論篇難を紹介している目的でもある。

難経三十難では衛気・栄気についてかなりコンパクトにまとめられている。

『難経本義』京都大学付属図書館より引用させていただきました。
※以下に書き下し文、次いで足立のコメントと原文を紹介。

書き下し文 難経三十難

三十難に曰く、栄気の行り、常に衛気と相い隨うや。しからずや?
然り。
経に言う、人は氣を穀に受く。
穀は胃に入りて、乃り五臓六腑に伝與す。
五臓六腑、皆な気を受く。
その清なる者は栄と為し、濁なる者は衛と為す。
榮は脈中を行き、衛は脈外を行く。
栄は周りて息(や)まず。五十にして復た大会す。
陰陽相い貫きて、環の端の無きが如し。
故に栄衛相い隨うことを知る也。

栄衛まとめ

本難では、人体が何から気の供給を受けているのか?から始まる。
これは次の難、三十一難の内容に繋がるのであるが、
次いで、栄衛の性質、その循環、両者の相関関係を示している。

栄衛と清濁については『霊枢』栄衛生会篇にある通りである。
栄気は臓腑を栄養するため、清なる気である。
臓腑を養うのは水穀の精微である故、清なる気が栄気と位置付けられる。

栄気は経脈中を行き、衛気は脈外を巡行する。
これは『素問』痺論篇、『霊枢』栄衛生会篇にも記される素霊難に一貫した衛気栄気観である。

そして栄気は一日に体内を50周する。
これもまた『霊枢』五十營を読まれたし、である。

難経三十難では、陰陽・栄衛が相い随いながらも人体を周流しているということに言及している。
衛気と栄気の両者はその役割や位は異なれど、その本は一体である。
その様はさながら陰陽互根の関係のようであるとしている。

しかし、両者が互いにどのように影響(または干渉)しあっているのか?
この点は鍼を扱う身としてはより詳細に理解したいところである。

鍼道五経会 足立繁久

原文 難経三十難

三十難曰、榮氣之行、常與衛氣相隨不?
然。
経言、人受氣於穀。穀入於胃、乃傳與五藏六府。
五藏六府、皆受於氣。
其清者為榮、濁者為衛。榮行脈中、衛行脈外。
榮周不息。五十而復大會。陰陽相貫、如環之無端。
故知榮衛相隨也。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP